ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察の取締りが意外に多い高速の「通行帯違反」

高速道路で気を付けるべき交通違反はスピード違反だけではありません。なかでも、月末や年度末によく取り締まられるのが「通行帯違反」です。高速道路で追い越し車線を最高速度をオーバーしないように走行しても、走り続けていると交通違反となります。年度末に気を付けたい交通違反を見ていきましょう。


スポンサーリンク
警察の取締りが意外に多い高速の「通行帯違反」

追い越し車線を走り続ける通行帯違反

交通違反の取り締まりは、特に厳しくなる時期があります。それが春と秋の全国交通安全運動週間。加えて、目標件数と呼ばれるノルマの締めとなる月末です。同じ月末でも、年末の12月と年度末の3月はさらに注意が必要になります。

目標件数を達成しないと部署の予算を減らされることになるため、特に狙われるのが小さい交通違反。なかでも、月末によく取り締まられる交通違反が「通行帯違反」になります。

高速道路では、追い越し車線を走り続けると通行帯違反になります。また、追い越し車線を使わずに左側の車線から追い越すのも交通違反です。月末や年度末は、こうした交通違反がよく取り締まられます。

高速道路での違反取り締まりベスト3

このため、高速道路などで追い越し車線を走行している時に注意すべきは、スピード違反だけではないということ。追い越し車線をずっと走行していると「通行帯違反」として取り締まりを受けることになります。

このほか、月末によく取り締まられる交通違反は、携帯電話やシートベルトの不備などスピード違反以外の違反ばかり。踏切や一時停止線などで止まらない一時停止無視もよく取り締まられる交通違反です。

実際、高速道路での交通違反取り締まりのベスト3は第1位がダントツでスピード違反ですが、第2位がシートベルト装着義務違反、第3位が通行帯違反となっています。ふだんから交通ルールを順守するだけでなく、月末は小さい交通違反に注意が必要なのでした。

■「取締り」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
一時停止違反は証拠がないと警察は立証できない
運転免許の点数が交通違反では減点されない理由
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?

■「警察」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
警察官の出世でノンキャリアはせいぜい警部まで
婦警さんが合コンに職業を隠して参加する理由

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事