ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

「あおり運転」に遭わないためのドライブ術とは

民生用ドライブレコーダーのパイオニアで、映像からさまざまな事故を解析する日本交通事故鑑識研究所の大慈彌拓也代表取締役。交通事故分析のプロに、あおり運転が起こる原因や対策を尋ねました。本人の無意識の行為の危険性に対して、いかに意識的でいられるかが、あおり運転に遭わないドライブ術です。


スポンサーリンク
「あおり運転」に遭わないためのドライブ術とは

あおり運転のきっかけは被害者が作る

ドライバーの中には、執拗に他車を攻撃して自分の力を誇示したいというタイプの人がいます。そういう異常者に遭わないために、他車にストレスを与えない運転を心掛けましょう。

あおり運転は、被害者がきっかけを作ってしまい、加害者がそれをやり返すパターンが多いようです。例えば、追い越し車線を制限速度なら継続走行しても問題ないと考える方も少なくないと言われます。

追い越し車線を走り続けていると通行帯違反になりますが、そのルールを知らずに後続車の進行を防いでしまっているケースも。また、後続車がどれくらいのスピードで走っているのかを想像せずに車線変更をしてしまい、後続車にブレーキを踏ませるといった行為もあります。

もちろん、後続車が速度違反をしているのかもしれませんが、自分は法定速度でちゃんと走っているから問題がないと言うわけではありません。クルマの流れを止める行為自体が危険行為で、違反でもあります。

温度差がロード・レイジにつながる

そのように、知らずに自分で種を撒いていることもあるのです。相手がカッとしやすいドライバーだったら、トラブルに発展しかねません

最近は若年層でクルマのコミュニケーションを気にしない、知らないという人も多く、マイペースな運転が目立っているように感じます。とくに初心者は必要以上に長くクラクションを鳴らしがちです。

一般的なクラクションの長さと意味を見ておきましょう。「プッ」という0.1秒のクラクションは「挨拶」。道を譲ってもらった感謝などの社会的エチケットと捉える傾向があります。

これが「プーッ」という0.3秒のクラクションになると「注意」の意味。接近に対して安全確保をするためといった注意と捉えるようになります。「ブーッ」という0.5秒以上のクラクションは「威嚇」の意味。感情的で攻撃的に捉えられます。特に初心者ドライバーはクラクションを長く鳴らしがちです。

また、車線変更の際に前が空いていたから入ったという運転手と、前を塞がれたという後続車では認識の違いがあります。こういった温度差がロード・レイジにつながることもあるのです。

■「交通違反」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
一時停止違反は証拠がないと警察は立証できない
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
免許の点数が交通違反で「減点される」は間違い
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?

■「警察」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
婦警さんが合コンに職業を隠して参加する理由
警察官は階級で国家公務員か地方公務員か変わる

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事