ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

マル暴刑事が暴力団と接する時に肝に銘じる言葉

マル暴刑事とは刑事部捜査第4課の捜査員のこと。広域指定暴力団や外国人犯罪などを扱う部署です。警視庁では刑事部捜査第4課から独立し、組織犯罪対策部第4課になっています。特殊な任務ゆえ、武闘派の刑事が集まるといわれるマル暴刑事について、捜査第4課畑を長く歩いた元刑事に話を聞きました。


スポンサーリンク
マル暴刑事が暴力団と接する時に肝に銘じる言葉

マル暴に武闘派の刑事が集まるわけ

「私は30年以上捜査4課畑を歩きましたが、最初から希望をしていました。今は部署が独立して、警視庁組織犯罪対策部組織犯罪対策第4課に変わりましたが、元は刑事部捜査第4課といって刑事の中でも血気盛んな人間が目指す部署でした」とのこと。こうしてマル暴に武闘派の刑事が集まるわけです。

「私らの時代は、新人警察官には大学で体育会系だった者や応援団なんかの硬派な人間が多くて、暴力団なんかにナメられてたまるかという気持ちがありましたね。そもそも警察官になる前に、暴力団と渡り合ってきたような猛者もいましたから」というのです。

「そんな時代でしたから、私も警察学校での教育なんか生ぬるく、教官に反発していたぐらいです(笑)。今はありませんが、昔は教官に警棒で殴られたりしました。でも、よっぽど大学での体育会の生活の方がツライ。先輩のいうことが絶対の完全な縦社会で生活してきましたから」といいます。

マル暴刑事は常に暴力団と対峙する

とはいえ、マル暴刑事は常に暴力団と対峙するため、ミイラ取りがミイラになってしまう人もいるといいます。「ミイラになった者も見てきました。なので私は『借りは作らない』『取り引きはしない』『甘やかさない』を肝に銘じていました」と話します。

実際、危険な目にも遭ったことがあるとか。「一斉捜索かけた時に、腕を撃たれてギョク(弾丸)が貫通した同僚もいます」とのことです。

「あるホテルの1室で暴力団員がチャカ(銃)の売買をやるという情報をつかんで、ガサ状(捜索差押許可状)を持って行ったんですけど。なかなか扉を開けないからバールや電ノコで破りました」とのこと。捜索時には、裁判官から捜索差押許可状を取って持っていけば、ドアなどを開けて建物の中に入ることができるのです。

最後に、マル暴刑事の仕事について聞いみると「分かりやすくいうと、徒党を組んでイキがる生意気な生徒を更生させる教師のようなものでしょうか。物事の善し悪しを彼らに徹底的に教え込む役割でしたから。彼らがスゴんできたら、今でも一喝してやります。まだまだ彼らには負けませんよ(笑)」と話してくれました。

■「マル暴」おすすめ記事
マル暴刑事が暴力団員と趣味が似てくる理由

■「警察官」おすすめ記事
警察官の出世でノンキャリアはせいぜい警部まで
よくある警察キャリアとノンキャリの確執はウソ
ノンキャリアの警察官の厳しい出世競争と退職金
職務質問は警察官の階級章で話す相手を見極める
警察官の拳銃は国産の「サクラ」が現行モデル
警察官は階級で国家公務員か地方公務員か変わる
公安警察はデモや集会に私服で必ず張っている
警察官の制服「冬服・合服・夏服」使用期間は?
婦警さんが合コンに職業を隠して参加する理由

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事