ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

職務質問で最低限の労力で解放される方法とは?

なぜか用があって急いでいる時に限って職務質問に遭遇したりするもの。犯罪を未然に防ぐためにも職務質問が必要なことは理解できていても、そんな時は嫌みの1つも言いたくなります。しかし、そこはグッと我慢するのが得策。職務質問で最低限の労力でなるべく早く解放される方法を見ていきましょう。


スポンサーリンク
職務質問で最低限の労力で解放される方法とは?

職務質問を受けたら自転車を降りる

職務質問で最低限の労力で解放される方法は、自身の身分を即座に明かすこと。免許証や保険証を、常に出せるようにしておくと協力的な対象とされ、警察官からの好感度は上がります。

職務質問に協力的だと持ち物検査などを省略される場合もあるようです。もちろん、警察官によって対応は異なります。自転車に乗っている時に職務質問を受けたら、自転車を降りて対応するとよりベターです。

とはいえ、あまりに職務質問に協力的だったり低姿勢だったりしても、逆に疑われてしまうこともあります。警ら中の警察官は2名で行動。職務質問を続行するかは、その現場の責任者である上官の気持ち次第です。堂々とした対応を心がけます。

職務質問でやっていけないNG行動

一方、職務質問された時になるべく早く解放されるために、やってはいけない2つのNG行動にも覚えておいて損はありません。まず1つは警察官に向かって警察手帳を見せるよう求めるなど本物かどうかを疑う行為です。

もう1つは「俺らの税金で飯食っているんでしょ?」と、ケンカ腰で職務質問に応対する行為。「別にあなたから給料をもらっているわけじゃない」と、警察官の心象は最悪になります。

すると「職務質問ぐらいで、なぜあなたはそこまで焦る必要があるんですか?」と、警察官側の職務質問スイッチを入れてしまう可能性があるのです。最悪の場合、「必要最小限の有形力の行使」として、身柄拘束の可能性もあります。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事