ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察の交通違反の取り締まりに温情はあるのか?

交通違反の取り締まりでは、違反者の半数は不服に思っていることがほとんど。中には、見逃してくれないかと言ってくる人もいるといいます。また、スピード違反で捕まった時、赤キップのところを青キップにして見逃してもらったという話を聞いたことがあるはず。警察の取り締まりに温情はあるのでしょうか。


スポンサーリンク
警察の交通違反の取り締まりに温情はあるのか?

スピード違反の見逃しで青キップ

元警察官によれば「スピード違反やシートベルト違反、右左折禁止などいくつかの交通違反をした方で、反省しているなと思った違反者に対しては、一発免停にならないように考慮し、甘くしたことは何度かある」といいます。

一発免停になる交通違反の点数は「6点」が目安。点数が6点以上になると、行政処分などの前歴がなくても免許停止になってしまいます。違反をしたという事実は消せませんが、細かい交通違反を見逃して点数を軽くすることはあるようです。

このほか「法定速度80kmの高速道路を時速120kmで走って捕まったけど、警察官が時速119kmにしてくれたので免停は逃れた」といった、警察によるスピード違反の見逃しを聞いたことがあるでしょう。

高速道路での時速40km以上超過のスピード違反は違反点数6点の赤キップです。しかし、時速39kmの超過なら違反点数3点の青キップになります。反則金は払うものの、免許停止は逃れられるわけです。

スピード違反の見逃しでスムーズに

しかし、ある警察官は「少し違反を甘くしてあげた方が、違反者も納得してサインをしてくれることもあります」といいます。スピード違反の見逃しと思いきや、本当は取り調べをスムーズにするためのテクニックということもあるのです。

元交通機動隊関係者も「昔はアナログの針式だったので『右から見てみなさい』と、例えば法定速度60kmの一般道で時速90km出した違反者をギリギリ時速89kmにして青キップで取り締まることもありました」と話します。

一般道のスピード違反は時速25km以上30km未満が違反点数3点の青キップ、時速30km以上50km未満は6点となって赤キップです。ただし「今はストップメーターがデジタル式になり、そういうことはありません」とのことでした。

■「交通違反」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
一時停止違反は証拠がないと警察は立証できない
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
免許の点数が交通違反で「減点される」は間違い
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?

■「警察」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
婦警さんが合コンに職業を隠して参加する理由
警察官は階級で国家公務員か地方公務員か変わる

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事