ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

交通違反を取り締まらない覆面パトカーがある?

一般車に紛れ込む覆面パトカーは、交通パトカーと捜査用パトカーに大きく分けられます。交通パトカーは交通取り締まりがおもな目的である一方、捜査用パトカーは刑事が移動手段として利用するもの。このため、覆面パトカーであっても捜査用パトカーは交通違反の取り締まりは行いません。


スポンサーリンク
交通違反を取り締まらない覆面パトカーがある?

警察ドラマおなじみの覆面パトカー

警察ドラマなどでおなじみの、マグネット式の赤色灯をルーフ上に載せて緊急走行する覆面パトカー。正式には「私服用セダン型無線車」と呼ばれます。刑事たちの足代わりであるため、交通違反の取り締まりは行いません。

捜査用の覆面パトカーの特徴は、車種がトヨタ・アリオンやスズキ・キザシといったマイナーな車種が多いこと。捜査のために一般車に紛れ込むことが大切だからでしょう。ただし、トヨタ・マークXや日産・スカイラインといった交通パトカーと同じ車種を、捜査用の覆面パトカーとして導入している警察本部もあります。

刑事は2人組で行動するため、車内に2人のいかつい男性が乗車していることも、捜査用の覆面パトカーを見分けるポイント。交通取り締まり用の覆面パトカーと同じように、ユーロアンテナを取り付けられている場合もあります。

捜査用の覆面パトカーは手で載せる

捜査用の覆面パトカーはフロントグリル内に前面警光灯を装備せず、ルーフ上には赤色灯が出てくるフタもありません。マグネット式の赤色灯を車内から手でルーフに載せるのが基本です。

捜査用の覆面パトカーの赤色灯は助手席側から載せる場合が多いので、左側に寄ることになります。緊急走行時は赤色灯の電源コードをバタつかせながら走ることがほとんど。電源コードがしっかりと固定している覆面パトカーは、レアケースといえるでしょう。

なお、各県警本部では秘匿性を高めるために覆面パトカーのエンブレムを削るなどして車種を隠す場合もあります。ただし、これがかえって覆面パトカーを目立たせてしまっている場合もあるようです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事