ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

最新レーダー探知機でGPSオフにした反応は?

レーダー探知機は、新設オービスや制限速度引き上げなど日々変化する交通取り締りにいち早く対応しなければ意味がありません。そこで、最新レーダー探知機で新東名高速と東名高速を実際に走行して、さまざまなシチュエーションでその実力をテストしてみました。最新レーダー探知機の反応を見ていきましょう。


スポンサーリンク
最新レーダー探知機でGPSオフにした反応は?

レーダー探知機でGPS警報をオフ

今回テストしたレーダー探知機は、コムテックの「ZERO 805V」とユピテルの「SUPER CAT A330」。どちらも2018年モデルで、実勢価格はそれぞれ32,184円と32,480円とほとんど変わりません。この最新2モデルで、一部区間の速度制限が110km/hに引き上げられた新東名高速と東名高速を走ってみました。

110km/h区間に関しては805V・A330ともに対応しており、オービスなどの警報時には「110」のアイコンが表示されます。さらにA330は、速度制限が110km/hに変わる地点で「制限速度切替ポイント」という画面が表示されました。

東名上り線、秦野中井ICから約5kmにあるHシステムは、今でも稼働している模様。そのため、あえてGPSによる警報をオフにして、レーダー波で反応するかをテスト。結果は805V・A330ともしっかりと「レーダー取締」として反応。805Vは「ステルス」と表示されました。

レーダー探知機が新型オービス表示

東名高速のような開通時期が古い高速道路では、ループコイル式オービスがまだまだ現役です。袋井ICの手前約2kmにある同オービスを、805Vは「ループコイル」と表示しました。一方、A330では実写警報の写真こそ実景の一体型カメラでしたが、警告は「LHシステム」として表示。とはいえ、両モデルとも警告を出しました。

最近では全国的に導入が始まっている可搬式と半可搬式の新型オービス。805Vはこうした神出鬼没の可搬式や半可搬式のオービスも、GPSによる位置情報で過去に設置されたことがある地点の近くで、画面に警告を表示してくれます。

最近増えている、斜め後ろの死角にいる接近車の存在を知らせてくれる後方死角検知機能。ただし、この機能を搭載したクルマに接近すると、レーダー探知機が誤反応するケースが頻発しています。今回は805Vが一時反応しましたが、A330はほぼ誤反応することはありませんでした。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事