ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

オービスのストロボ発光のように見える正体は?

「オービス」とは、速度違反車を自動的に撮影する装置の総称です。速度測定の方式にはレーダー式とループコイル式がありますが、赤外線ストロボとカメラで違反車両を自動撮影することは変わりません。夜間、オービスを通過する時にストロボが発光したように見えた経験があるはず。その正体に迫ります。


スポンサーリンク
オービスのストロボ発光のように見える正体は?

オービスのストロボとカメラは共通

高速道路などでオービスを通過する時は、速度違反をしていなくてもつい緊張してしまうもの。オービスが発光するかどうか、赤外線ストロボに目が行ってしまうという人も多いでしょう。

現行のオービスには大きく4タイプが存在します。10.525GHzのレーダー波を使って車速を測定する「レーダー式オービス」と「Hシステム」、道路に埋め込まれたループコイルによって測定する「ループコイル式オービス」「LHシステム」です。

オービスにはさまざまなタイプがありますが、赤外線ストロボとカメラで違反車両を自動撮影する部分は共通。撮影された写真にはクルマのナンバーと運転者が写り込んでおり、測定された速度が自動的に焼き付けられる仕組みです。

オービスのガラスに反射したランプ

そして、夜間にオービスを通過する時に、赤外線ストロボがポッと赤く光って見えたという話をよく耳にします。しかし、実際はオービスのストロボ発光でないことがほとんどなのです。

オービスが赤く光ったように見えるのは、多くは対向車線を後方に走り去っていくクルマのテールランプ。その光がオービスの赤外線ストロボ前面のガラスに反射して赤く光っているように見えるのです。

実際にオービスが発光する時は、もっと強烈に赤外線ストロボが光って見えます。とはいえ、原理的に赤外線ストロボの発光は肉眼ではほとんど捉えることはできません。オービスは警告のために赤い可視光も発光させているようです。YouTube動画を検索すれと、オービスの赤外線ストロボの発光を確認できるでしょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事