ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

制帽や警察手帳ほか精巧な警察グッズ購入ガイド

警察官が身に付けている制服や各種装備品。そうしたアイテムは専門ショップでレプリカを購入できます。公衆の面前で、警察官と見間違わせるような制服や装備品を身につけるコスプレをすると軽犯罪法に触れる可能性があります。しかし、自宅ならどれだけ完成度の高い警察コスプレをしても問題ありません。


スポンサーリンク
制帽や警察手帳ほか精巧な警察グッズ購入ガイド

警察グッズは頭から決めたいところ

警察官の被る帽子は、その任務や所属によってさまざま。警察グッズのコスプレをするならまずは頭から決めたいところです。男性警察官の制帽は、サイドの帯章で着用する警察官の階級が表示されます。そんな制帽の実勢価格は35,000円です。

このほか活動服着用時の作業用には「活動帽」、ガサ入れなどの捜査の際に着用される戦闘用には「出動帽」を使用します。活動帽は警視庁タイプが実勢価格16,000円。出動帽は実勢価格10,000円となっています。

警察グッズの制服では、メッシュタイプの「防護ベスト 警視庁」が実勢価格25,000円。前開きの構造で、腹部に防護板を入れることで防刃性を高められます。

白バイ隊員用の「乗車服(黒)」は実勢価格35,000円。カラーは、旧タイプの黒のほかに現行のブルーがあります。出動服となる「機動隊 合い上下」は実勢価格15,000円。ズボンが付いた上下セットで、胸元の階級章は巡査部長です。

警察グッズには新旧の手錠ケース

「警察手帳」の文字が金の箔押しで印字されたヨコ開きの旧タイプから、タテ開きのバッジホルダータイプになった警察手帳。現行タイプのレプリカは実勢価格30,000円。横開きの旧タイプは実勢価格20,000円です。

警察グッズの警棒は、2006年から採用された2段伸縮の「65型警棒」。回転式のつばが特徴です。撮影用レプリカの実勢価格は要問い合わせとなっています。65型に比べて小型軽量の「53型警棒」は実勢価格23,000円です。

警察グッズの手錠ケースは、警視庁タイプが実勢価格9,000円。旧タイプに比べてフラップが小さく、手錠が取り出しやすいのが特徴的な現行タイプです。手錠全体を覆うように収納するため、現行タイプに比べるとサイズが大きい旧タイプの手錠ケースは実勢価格4,000円となっています。

これら警察の制服や装備品が揃う専門ショップが「プロテクトアームズ」。警察グッズ購入は会員制です。サイト未掲載の商品も多数あります。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事