ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

覆面パトカーのスピード違反の待ち伏せ場所は?

覆面パトカーによるスピード取り締まりは「追尾式」が基本です。このため、後方から勢いよく飛ばしてくる違反車にいかに効率的に巡り合って、いかに気づかないように背後に迫れるかがポイントになります。覆面パトカーがスピード違反の取り締まりで待ち伏せしている場所について見ていきましょう。


覆面パトカーのスピード違反の待ち伏せ場所は?

覆面パトカーは出口付近で待ち伏せ

現在、スピード取り締まりを得意とする交通機動隊の覆面パトカーは、トヨタの200系クラウンが主力モデルです。最近では210系クラウンも出没するようになりました。ただし、走行中の覆面パトカーを一般車と見分けるのはほぼ不可能です。

このため、覆面パトカーのスピード取り締まりを察知するには、どこで待ち伏せしてどうやって追尾するかを知っておかなければなりません。実は、覆面パトカーによる追尾式のスピード違反の取り締まりには、決まったパターンがあるのです。

覆面パトカーのスピード取り締まり待ち伏せ場所の1つに、本線を見通せるサービスエリアの出口付近があります。高速道路だけでなく、スピードが出やすい本線が見渡せる脇道も覆面パトカーの待ち伏せ場所です。

覆面パトカーは大型トラックの前

待ち伏せする覆面パトカーは、エンジン音などでスピード違反を判別。タイミングを合わせて発進して、あっという間に追走します。200系クラウンの覆面パトカーは3,000cc、210系クラウンに至っては3,500ccとさらにハイパワーです。

覆面パトカーのスピード取り締まり待ち伏せ場所には、第1通行帯を走る大型トラックの前もあります。あたかも一般車のフリをして、スピード違反の車両が後方から迫って来るのをじっと待ち続けているわけです。

ただし、スピード違反の車両が追い越し車線を飛ばしていっても、覆面パトカーはすぐに車線変更しません。覆面パトカーは第1通行帯を走りながら、スピード違反車との距離を詰めていくのが常套手段。違反車は真後ろから追い上げてくる、自分より速いクルマには敏感だからです。


覆面パトカーの追尾距離は200m

違反車を追尾距離に捕らえた覆面パトカーは、ようやく追い越し車線に入ります。そして、タイミングを見計らって真後ろに付いて、追尾式のスピード違反の測定を開始するというわけです。

覆面パトカーのスピード違反の取り締まりでの追尾距離は200mといわれています。違反車が130km/hや140km/hを出しているとしたら、毎秒35m以上進むということ。6秒もあれば測定は終了するのでした。

スピード測定後、覆面パトカーはルーフにある反転式の赤色灯を点灯させながらパッシング。リアウィンドウに設置されている電光掲示板のパトサインで左車線に誘導して、サービスエリアやバス停などでキップを切るわけです。

■「覆面パトカー」おすすめ記事
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
覆面パトカー追尾や検問を警察無線から知る方法
覆面パトカーは外観ではなく動き方から判別する

■「パトカー」おすすめ記事
交通機動隊と自動警ら隊のパトカーは何が違う?
パトカーは自動車警ら隊と所轄で違っている
パトカーの車種が「クラウン」ばかりな理由とは
パトカーは車種が同じでも中身はまったく別モノ
交通機動隊のパトカーには速度制限がなかった?
白黒パトカーの天井にある赤色回転灯の値段は?
目撃情報が相次ぐ「レーザーパトカー」の取締り

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事