ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

捜査一課は刑事部のエリートでなく本当は二課?公安部外事課?

警察の刑事部には「捜査一課」のほかに「捜査二課」と「捜査三課」、そして「捜査四課」が存在。捜査二課は「知能犯」、捜査三課は「盗犯」、捜査四課は暴力団等の取り締りを担当します。このうち、捜査一課はエリートコースではなく、本当は大きな経済事件を担当する知能犯が担当の捜査二課。歴代警視総監も輩出する警察のエリートコース、捜査二課の仕事を見ていきます。


捜査二課が警察のエリートコースと呼ばれる理由


エリートコース捜査二課と捜査一課の違い

警察のエリートコースといわれる捜査二課の担当する知能犯とは、詐欺や通貨偽造、贈収賄といった金銭・経済・企業犯罪を指し、さらに選挙違反も捜査二課の担当。もちろん、いまだに世間を賑わせている振り込め詐欺などの特殊詐欺を担当しているのも、警察のエリートコースといわれる捜査二課です。

警察エリートコースの捜査二課が担当する知能犯が捜査一課が担当する強行犯と大きく違う点は、犯罪が綿密な計画に基づいて行われる点。犯罪計画の中には、犯行が発覚した時の対処法も盛り込まれているケースがほとんどです。

例えば振り込め詐欺の場合、電話をかける「かけ子」、口座から現金を引き出す「出し子」、現金を受け取る「受け子」と呼ばれる役目の上に、ピラミッド式で指示を与えたり計画を練る上部の人間が存在します。末端の人間を逮捕しても、完全な事件の解決には結びつきません。


捜査一課や公安部外事課はエリートコースでない

警察エリートコースの捜査二課の扱うそのほかの詐欺においても同様です。一様に組織的に行動するため、尻尾を掴むことのできる相手は限られてきます。これは贈賄や選挙違反にもいえることで、実際には上の人間の指示に従ったにもかかわらず証拠が不十分で、ホンボシまで捜査が届かないということもありえるわけです。

このため、事件の完全な解決のために警察エリートコースの捜査二課の刑事には緻密な捜査が求められます。実行犯を検挙しても、それで一件落着というわけにはいきません。さらに、詐欺や通貨偽造は日を追うごとに巧妙さが増しています。

詐欺においても、架空請求詐欺や融資保証詐欺、還付金詐欺といった新たな手法が続々と登場。通貨偽造も、最近では高精度のスキャナーとプリンターで、素人でもそれなりのニセ札を作ることが可能です。

これらに対応するためには過去の経験に頼ることができず、警察エリートコースの捜査二課の刑事は常に新たな知識と情報の取得が必要となります。これが警察の花形である捜査一課よりも、また国際テロ防止の最前線に立つ公安部の外事課よりも、捜査二課がエリートコースと呼ばれる所以。地道さと緻密さで事件の解決に挑んでいます。


警察庁キャリアの出世エリートコースは警務部

刑事部の捜査一課や二課とも違い、また公安部外事課とも異なる警察の出世エリートコースといわれる部署があります。捜査の最前線ではなく内勤部署でありながら、警察内部では配属希望者が殺到しているのが「警務部」です。

警察内で総務や広報、会計を担当するのが警務部ですが、警察庁キャリアの警察官僚の出世エリートコースといわれています。警務部を警視庁や大阪府警などのように総務部として独立させて設けているところもあります。事務を担当する内勤部署ということもあり、現場志向の強い警察官には出世エリートコースどころか敬遠されているイメージを持つ人も多いでしょう。

しかし、警務部は警察内では配属希望者が殺到する部署。その理由は、警察官の出世に影響するからです。というのも、ノンキャリアの警察官が昇任して出世エリートコースを進むには、年に1回の昇任試験に合格する必要があります。

警察官が出世エリートコースを進むのに必要な昇任試験の受験資格は、警視庁であれば巡査部長の試験を受けるのに大卒で1年ほど、高卒なら4年以上の勤務実績が必要です。警部補の試験なら巡査部長として、大卒で1年、高卒で3年以上の実績が必要になります。さらに警部なら、採用区分に関係なく警部補として4年以上の実績が必要となるのです。

捜査一課は刑事部のエリートでなく本当は二課?公安部外事課?


警察官僚の出世エリートコースは人事課

つまり、ノンキャリアが警部補まで出世エリートコースを進むには、その度に昇任試験が必要になるということ。しかし、多忙な部署にいては警察官が出世エリートコースを進むための試験勉強もままなりません。その点、警務部はほぼ定時勤務。休日出勤もまれなので、警察官が出世エリートコースを進むための試験勉強に費やす時間が確保できるというわけです。

加えて、警務部は「警察の頭脳」とまで呼ばれている部署なので、配属されるのは優秀とみなされる警察官が多く、出世エリートコースとしてだけでなく人脈作りにも有利に働きます。

そんな警務部の中でも、特に出世エリートコースといわれているのが人事課。人事は組織にとって重要なポジションを占めるため、警察庁から派遣されたキャリア、いわゆる警察官僚の出世エリートコースでもあるのです。

警視庁においては、課長職は通常、階級が警視か警視正の人が就くのに対し、警察庁キャリアの警察官僚の出世エリートコースである人事課だけは警視長の階級の人が任命されるほど。警察庁キャリアの警察官僚の立場からも、人事課に派遣されると、警察庁に戻っても出世エリートコースを歩むことが約束されているようです。

■「捜査二課」おすすめ記事
警察のエリートコース「捜査二課」の仕事とは?

■「警察」おすすめ記事
公安警察はデモや集会に私服で必ず張っている
警察官の制服は「夏服・合い・冬服」3種が基本
婦警さんが合コンに職業を隠して参加する理由
よくある警察キャリアとノンキャリの確執はウソ
警部補か巡査部長で退官する警察官の退職金は?
警察官の巡査長と巡査部長にある大きな格差とは
捜査一課のほかに警察の刑事には何課あるのか?
捜査三課の元刑事が教える泥棒から家を守る秘訣
捜査四課の刑事がコワモテ風の服を着る理由とは

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

あわせて読みたい記事

  • 事件の捜査情報はどう入手して報道されるのか?
    事件の捜査情報はどう入手して報道されるのか?
  • 警察の切れ者集団「捜査二課」が扱う犯罪とは?
    「捜査二課=警察の切れ者集団」が扱う犯罪は?
  • 殺人や強盗が捜査一課で二課や三課は何を担当?
    殺人や強盗が捜査一課で二課や三課は何を担当?
  • 科学捜査の「ルミノール反応」の意外な盲点とは
    科学捜査の「ルミノール反応」の意外な盲点とは

  • オススメ記事

    逮捕者も出た「モザイク破壊」とはどんな技術?

    2021年10月、ついに「モザイク破壊」に関する事件で逮捕者が出ました。京都府警サイバー犯罪対策課と右京署は、人工知能(AI)技術を悪用してアダルト動画(AV)のモザイクを除去したように改変し[…続きを読む]

    LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

    圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEの会話は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、探偵がLINEの会話を盗み見する盗聴&盗撮テクニックを見ていくと[…続きを読む]

    盗聴はアプリを入れればできる

    盗聴器といえば、自宅や会社など目的の場所に直接仕掛ける電波式盗聴器が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した「盗聴器アプリ」が急増して[…続きを読む]

    チョコボールのエンゼルを見分ける方法

    おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボール銀のエンゼルの当たり確率と見分け方を紹介しまし[…続きを読む]

    空き巣被害に遭いやすい住宅の特徴と正しい防犯対策

    窃盗事件の大半を占めているのが「空き巣」。しかも、空き巣被害の半分以上は住宅が狙われたものです。アナタの家も知らぬ間に泥棒たちに目を付けられている空き巣被害の予備軍かもしれません。空き巣被害に[…続きを読む]




    目次