ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

運転免許の点数や前歴を簡単にリセットする方法

スピード違反や一時停止違反などでの交通違反の取り締まりを何度も受けると、気になるのが運転免許の点数です。また、免許停止の回数で増える前歴も、多くなればなるほど処分条件が厳しくなるため、何とか減らしたいところ。実は、あることを行うだけで点数も前歴もリセットできます。


運転免許の点数や前歴を簡単にリセットする方法

免許の点数と前歴がゼロに戻る制度

交通違反や交通事故を起こすと、違反や事故の重大さに応じた点数が付きます。例えば、50km/h以上のスピード違反に対しては12点に対し、進路変更違反は1点。事故の場合、死亡事故は最大20点なのに対し、器物損壊のみだったケースは2点もしくは3点です。

点数は違反や事故を繰り返すたびに累積する仕組みで、最初の違反・事故から6点以上貯まると免許停止になります。そして、免許停止処分を受けると点数自体は0点に戻りますが、処分前歴が1回に。前歴1回になると、今度は累積4点で免許停止と処分基準が厳しくなります。

とはいえ、いつまでも点数や前歴が残ったままでは、ちょっとした事故が免許取消につながる、といったことが起きてしまいます。そこで、一定条件を満たすと点数0点、前歴0回に戻る制度が用意されているのです。

1年間の無事故・無違反でゼロに戻る

点数や前歴を消す基本的な方法は、1年間無事故・無違反で過ごすこと。これで、それまで累積した点数は0点に戻り、前歴も0回になります。さらに、過去2年以上無事故・無違反で3点以下の交通違反1回だけの場合、3か月間の無事故・無違反で0点へ戻ります。

そして、点数を0点にするもう一つの方法として「違反者講習を受ける」というものがあります。これは前歴0回、点数6点の人限定措置で、この講習を受けると前歴0回のままで点数が0点に戻ります。

また、前歴については過去3年間分をカウントする仕組み。例えば、最初の免許停止から11ヶ月ごとに追加で3回免許停止を受けた場合、過去3年分だけ計算され前歴3回です。


免許の点数がわかる運転記録証明書

1年間の無事故・無違反で点数や前歴が消えたとしても、免許取消・停止処分とは別の意味での「前歴」は残ります。それは、免許証の期限や更新手数料で優遇される優良運転者、いわゆる「ゴールド免許」への認定で、こちらは5年間の無事故・無違反が必要になります。

とはいえ、5年間となるといつ違反したか覚えていない、という人がほとんどでしょう。そうした場合、「運転記録証明書」という書類を取り寄せれば、過去5年間に累積した点数や処分前歴がわかります。

運転記録証明書の発行は、自分が住む都道府県の警察や交番でもらった申請書で手続きを行います。この用紙自体がゆうちょ銀行の振替用紙を兼ねていて、そこに住所・氏名や免許証番号等を記入して手数料630円をゆうちょ銀行で払い込めば発行手続きは完了です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事