ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

刑事事件の「○○容疑者」とさん付けの境目とは

殺人・交通事故・汚職…さまざまな事件が報道されるたびに「なんであの人は容疑者なのにこの人はさん付けなの」という疑問を持ったことが一度はあるでしょう。実は、そこには一定の基準があるのです。そこで、どのような基準で「容疑者」が使われているのか詳しく見ていきましょう。


刑事事件の「○○容疑者」とさん付けの境目とは

容疑者はマスコミが作り出した用語

実は、刑事事件を扱う刑事訴訟法に「○○容疑者」という用語は存在しません。警察・検察が刑事事件で捜査を続けている場合、犯人と疑われている人は「被疑者○○」になります。これは、逮捕・拘留されているかどうかに関係なく同じです。

「○○容疑者」という呼び方は、元々マスコミが「有罪が確定していない人を呼び捨てにするのはおかしい」という批判を受け、1980年代に作り出した用語。マスコミの場合、被疑者が警察や検察に逮捕・拘留された場合のみ「○○容疑者」という呼び方をします。

かつて、超有名男性アイドルグループのメンバーを警察が道路交通法違反で検挙した際は、逮捕せずに捜査が続いたため「△△容疑者」という呼び方ができず「人気グループ××の△△メンバー」という報道になったのは、そうした事情があるためです。

刑事事件で起訴されると被告に変わる

検察が被疑者に関する疑いを証拠で固め、この人は犯人に違いない、と裁判所に起訴した時点から法律上「被疑者○○」は「被告人○○」に変わります。ちなみに、警察官には裁判所へ起訴する権限はなく、起訴は必ず事件の送致を受けた検察官が行います。

この段階からマスコミの報道は「○○容疑者」から「○○被告」に呼び名が変わります。ただし、無罪の可能性が極めて高いケースでは、起訴後も「○○さん」といった呼び方を続けるケースもあるようです。

そして、裁判で懲役や禁固が確定し、刑務所で服役する場合、マスコミ報道は「○○被告」から「○○受刑者」へと変わります。なお、死刑判決を受けて拘置所にいる人の場合、死刑を執行されずに拘留されているため「○○死刑囚」となります。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事