ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

職務質問のプロ「自ら隊」パトカーの見分け方

「自動車警ら隊」とは、警察署の管轄区域をこえてパトロールする部隊のこと。警察内部では「自ら隊」と呼ばれています。自ら隊は犯罪の芽を見つけ出して検挙することが任務。いわば職務質問のプロといえます。そんな自ら隊のパトカー内部は私語も少なく攻撃的。そんな自ら隊パトカーの見分け方を紹介しましょう。


職務質問のプロ「自ら隊」パトカーの見分け方

自ら隊パトカーは常に周囲に目を配る

「交通機動隊」が主に交通違反を取り締まるのに対して、「自ら隊」は街中を巡回して不審な人や物を見つけて捜査することが主な任務です。交通違反も取り締まることもありますが、凶悪事件を未然に防ぐためにキップを切ったあとも車内を捜索したりします。

自ら隊と交通機動隊のパトカーの違いは、赤色灯の下に昇降装置が収められた白い箱が付いているかどうか。駐車時に赤色灯を上に伸ばして通行する車や人に目立つようにする昇降装置は、車内の不審物の捜査を行う自ら隊のパトカーならではの装備でしょう。

そんな自ら隊のパトカーの車種は、トヨタ・クラウンがほとんど。最近はスバル・レガシィがよく見られるようになってきました。ただし、同じ白い箱が乗っているパトカーでも、自ら隊と所轄の警らは大きく違うことも忘れてはいけません。

所轄の警らとは、その地域を管轄している警察署のパトカーによるパトロールのこと。一方の自ら隊の警らは、警察署の管轄を越えて県内全域で活動できます。そして、自ら隊は常に周囲に目を配っているので、パトカー内の私語はありません。

自ら隊パトカーは車体に3ケタ数字

このため、自ら隊のパトカーは犯罪の芽を見つけ出して検挙するという攻撃的な姿勢です。対して、所轄の警らパトカーは管轄内を巡回しているだけ。犯罪が起こってから対処する受け身の姿勢なので、車内の緊張感も違っているのです。

そんな自ら隊パトカーの目印となるのが、車体に描かれた3ケタ数字になります。警視庁の白黒パトカーは、フロントとリアウインドウに所属を示す記号を表示。この記号は無線のコールサインと共用していて、屋根にも書かれています。

ここで所轄の警らパトカーの記号は、所属する警察署名と数字の組み合わせ。これに対して、自ら隊は1ケタの所属隊と2ケタの通し番号による3ケタ数字です。

ただし、白い箱が付いたパトカーの中には、職務質問に精通した警察官が常務する「遊撃特別警ら隊」も存在します。警視庁のパトカーの場合は「遊撃1」などと表記されているのでこちらも要注意。対空表示は「撃1」となっています。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事