ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

あおり運転を避ける「クラクション」長さと意味

ドライバーの中には一定数、執拗に他車を攻撃して自分の力を誇示したいタイプが存在するもの。そういう異常者に遭わないためには、他車にストレスを与えない運転を心掛けなければなりません。日本交通事故鑑識研究所の大慈彌拓也氏に、あおり運転を回避するドライブ術を聞いていみました。


あおり運転を避ける「クラクション」長さと意味

初心者は必要以上に長くクラクション

車内は相手の顔が見えない匿名空間。このため「知らない人に迷惑をかけても構わない」という心理が働きやすくなります。これが、運転中に気が大きくなったり、攻撃的になる人が多い理由です。

ここで重要になるのが、クラクションや運転態度で行うカーコミュニケーションと空気の読み方。最近では、若年層でクルマのコミュニケーションを知らない人も多く、とくに初心者は必要以上に長くクラクションを鳴らす傾向があります。

そもそも「あおり運転は、被害者がきっかけを作ってしまい、加害者がそれをやり返すパターンが多い」とのこと。被害者が知らず知らずのうちに、あおり運転の原因を作っているケースが多いのです。

クラクションで、0.1秒ほどの「プッ」という音は「挨拶」の意味。進路を譲ってもらった感謝など社会的エチケットとして捉えられます。0.3秒ほどの「プーッ」という音になると「注意」の意味です。接近に対して安全確保をするための注意として捉えられます。

0.5秒以上鳴らすクラクションは威嚇

0.5秒以上の「プーーッ」というクラクションは「威嚇」の意味。攻撃的で感情的な威嚇として捉えられます。初心者ドライバーは、ついクラクションを長く鳴らしがちです。

このほか、追い越し車線を制限速度なら継続走行しても問題ないと考える人も少なくありません。しかし、追い越し車線を走行し続けることは通行帯違反です。そのルールを知らずに後続車の進行を妨げてしまっているケースもあります。

このように、あおり運転の種を知らずに自分で撒いていることもあるわけです。相手がカッとしやすいドライバーだったら、トラブルに発展しかねないでしょう。

すなわち、本人の無意識の行為の危険性に対して、いかに意識的でいられるかがあおり運転を回避するためのドライブ術のポイント。その上で、危ないドライバーには近づかないことがあおり運転のトラブル予防につながるのでした。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事