ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察官の給料「検死」でもらえる特殊手当がある

警察官の仕事はキツイけど給料はそこそこ…そう思っている人は多いでしょう。ところが、実情はちょっと違うようです。ここでは警察官の知られざるフトコロ事情を見ていきましょう。警察官のほとんどは地方公務員のため高給取りではありませんが、警察官の仕事ならではの特殊手当もあるのでした。


警察官の給料「検死」でもらえる特殊手当がある

警察官の給料は確実に昇給していく

一般の公務員と同じく、警察官の給料は俸給といいます。民間企業でいう基本給と同じ意味で、内閣人事院が発表する「俸給表」で定められています。そして、警察官は一般職と違い「公安職俸給表」が適用。一般職より若干金額がよくなります。

俸給表は階級によって「級」が決められています。そして各級の中で、勤続年数に応じて「号」が上がっていく仕組み。大まかに号が1つ上がると約1万円弱アップ。これは毎年あります。毎年1万円の昇給はちょっとしたものでしょう。

また、試験に合格して昇進すると「級」が上がります。号が変わらず級だけが上がると、約2万円アップします。とりあえず、長く続けていればちょっとずつでも確実に昇給していくのが警察官の給料。公務員ですから倒産やリストラの心配もありません。

警察官の給料には死体の検死で手当

この俸給月額に加えて、さまざまな手当が出ます。このうち「住宅手当」「通勤手当」「扶養手当」などは一般企業とあまり変わりません。例えば管理職手当は「特別調整額」という名目で、警視だと月に8万円強といいます。また、所属地域によって変わる「地域手当」は巡査で3千円前後、巡査部長で5千円弱です。

警察官の給料には「警ら作業手当」といった特殊手当もあります。とある県警の例でいうと、警ら作業手当は1日あたり340円で、パトカーの場合は420円。交通取締手当は1日あたり460円で、パトカーや白バイの場合は560円です。

変わったところでは「特殊残務手当」。死体の検死/収容は1体あたり1,100円、損傷が著しい死体だと2,200円になります。また、皇族の護衛や総理大臣の身辺警護は1日あたり1,150円です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事