ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ノンキャリア警察官の出世レースの限界と退職金

警察官は採用されればすぐに1人の警察官として認められます。しかし、そこからものすごく厳しい出世競争が始まるのです。しかも、キャリアとノンキャリア警察官とでは昇任スピードがまったく違います。ノンキャリア警察官の厳しい出世レースの限界とその後の退職金について見ていきましょう。


スポンサーリンク
ノンキャリア警察官の出世レースの限界と退職金

キャリア警察官は任官時から警部補

警察官は、基本的に「巡査」からスタート。全員2~3年間まじめに勤務を続ければ、巡査長に昇格します。3~6年で巡査部長昇格試験を受けられ、これを突破すると巡査部長に。この段階で同期との差が生まれます。

続く警部補も、巡査部長同様に試験で昇格が可能。警部補になると、主任や係長などチームを取りまとめる役割を任されます。いわゆる現場の指揮官です。このため、あえて昇任試験を受けずに最前線に留まるという警察官もいます。

さらに、警部補として4年間の実務経験があれば警部への昇格試験の受験が可能。警部はいわゆる逮捕状の請求などもできる幹部警察官です。警部になるとさらに警視など上を目指したくなりますが、ノンキャリアではほぼ不可能。定員上の空きが出なければ誰も昇任できません。

一方、キャリア警察官は任官時から警部補。警察大学校での研修を終えるとすぐに一斉に警部に昇進するなど、最初からノンキャリアとは大きな差がつきます。警視昇任にあたっての差は大きく、キャリア組は30歳前後で一斉に自動昇進するのです。

ノンキャリア警察官の定年は60歳

このことから、警視はキャリアとノンキャリアの壁ともいわれます。また、ノンキャリアでの最高階級は警視長といわれているものの、実際に昇任できるのはごくわずかです。

こうして、ほとんどのノンキャリア警察官は警部補か巡査部長で退官。定年は60歳です。警視以上に出世することができれば定年が早まりますが、ノンキャリア警察官にとってはあまり関係ありません。

巡査部長として定年まで働くと退職金は2,500万~3,000万円ほど。さらに定年後も職に困らないといわれます。最も一般的な再就職先は警備員。警備会社は警察退官者のための採用枠を設けているケースが多いようです。

このように、警察官は大きなトラブルなく定年まで勤め上げれば、問題なく就職できるのが通常。他にパチンコ関係や交通保安関係など、警察と関係の深い業種にも再就職先が用意されています。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事