ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

駐車違反ステッカーは破り捨てても問題なかった

車を路肩に止めてちょっと用を足して戻ってみると、フロントガラスに駐車違反ステッカーが貼られているのを発見。思わずビリビリに破り捨ててしまいたくなった経験がある人は多いはず。じつは駐車違反ステッカーは破り捨てても問題なし。もちろん、その場でポイ捨てではなくゴミ箱に捨てなければなりません。


駐車違反ステッカーは破り捨てても問題なかった

以前の駐車違反ステッカーはカギ付き

以前の駐車違反の取り締まりは、警察官がカギ付きの駐車違反ステッカーをドアミラーなどに取り付け、違反者を警察へ出頭させて違反キップを切るシステムでした。その名残か、駐車違反ステッカーは捨ててはいけないと考える人は多いようです。

2006年に導入された駐車監視員制度以降、駐車違反ステッカーには保管しておくとか、どこかへ提出するなどの記載は一切ありません。むしろ「運転するときは、交通事故防止のため、この標章を取り除いてください」と記述されているのです。

駐車監視員や警察官は、運転者がそばにおらず直ちに運転できない状態である「放置車両」であることと、ナンバー情報をしっかり記録。警察はナンバーから持ち主を割り出して、放置違反金の納付書などを郵送してきます。

駐車違反ステッカーで出頭すると点数

このため、駐車違反ステッカーを貼られても警察への出頭は不要。クルマの持ち主として放置違反金を払えば手続きは終了です。金額は通常の駐車違反の反則金と同額ですが、違反キップは切られず違反点数も付きません。

ところが、そうとは知らず駐車違反ステッカーを持って警察へ出頭すると、原則として駐車違反の青キップを切られ、反則金の納付書を渡されます。そして、青キップを切られれば1~3点の違反点数も付いてしまうのです。

駐車監視員制度が導入された理由の1つが、以前の駐車禁止の取り締まりシステムでは、出頭しない違反者の追跡捜査に手間がかかったこと。そこで、出頭させて違反キップを切る形から、駐車禁止を確認した後にナンバーから判明した車両の持ち主に放置違反金を払わせるという新しいペナルティに変更されているのでした。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事