ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警視庁のパトカーは窓にある記号で危険度を判別

一見、同じように見える白黒パトカーでも中身はまったくの別物です。乗車している警察官の特性も違いますし、エンジンの排気量が違うこともあります。おのずと交通違反の取り締まり危険度も変わってくるというわけ。そこで、警視庁のパトカーを窓に書かれた記号で危険度を判別する方法を紹介しましょう。


警視庁のパトカーは窓にある記号で危険度を判別

パトカーで注意すべきは交通機動隊

警視庁の管轄内には102の警察署があります。各警察署には複数台の白黒パトカーが配備され、24時間態勢でパトロール。これに本庁所属の自動車警ら隊や交通機動隊などが加わるため、都内は白黒パトカーだらけといえるでしょう。

このため、各パトカーにはフロントとリアウインドウに、自車の所属を示す記号が表示されています。この記号は、無線のコールサインと共用。すなわち、この記号を見ればパトカーの危険度がわかるのです。

交通違反の取り締まりの専門部署といえば交通機動隊。最も注意すべきは追尾式のスピード違反でしょう。交通機動隊は「六交機9」といった記号。漢数字の「一」から「十」は各方面の交通機動隊の隊名を示していて、数字は通し番号になります。

地名が書かれていれば所轄のパトカー

高速道路交通警察隊は、高速道路や有料道路を担当する専門部署。交通機動隊と並ぶ交通部の花形部署です。高速隊のパトカーは「高速31」という記号。新富と八王子に分駐所がありますが、1隊編成のため隊名を表す数字の表記はありません。

自動車警ら隊は、各警察署の枠を超えて全域をパトロールする部署。いわば職質のプロといえます。パトカーの記号は「112」という3ケタ数字で構成されていて、上1ケタの「1」は第一自動車警ら隊、「2」は第二自動車警ら隊です。下2ケタは通し番号になります。

遊撃特別警ら隊は、地域総務課所属で2個中隊で編成。パトカーには職質に精通した警察官が常務しています。パトカーは「遊撃1」という記号で、数字が通し番号です。

警察署の地域課所属のパトカーは「富坂2」という記号。漢字で表記されるのが、所属する警察署の名称です。地名が書かれていれば所轄の警らパトカーということ。なお、1から始まる通し番号は車体が入れ替わっても番号は継承さるシステムです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事