ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

レーザー対応レーダー探知機を実走テストした結果

「移動式」「レーザー式」が特徴の「新型オービス」が登場したことによって、スピード違反取り締まりに対しては、新たな対応が求められるようになりました。スピード取り締まり対策といえばレーダー探知機ですが、レーザー式に対応した端末として初めてユピテルから発売されたのが「LS300」です。新型オービスで実走テストしてみました。


レーザー対応レーダー探知機の実走テストした結果

従来のGPSレーダー探知機は探知不能

かつての速度取り締まりは、Hシステムをはじめとするレーダー式による速度測定が主流でした。このため、初期のレーダー探知機は文字通りオービスが発するレーダー波を受信。これでドライバーに注意を促していました。

しかし、2000年代になると電波を発しないループコイル式のLHシステムが急増。そこで、マップ上に登録されたオービスのGPSデータを元に警告を行うGPSレーダー探知機が主流になったのです。

さらに近年は、持ち運びが可能なレーザー式の新型オービスが登場。従来のレーダー探知機では探知できないレーザー式であるうえ、持ち運んで移動が可能なため登録されたGPSデータでは対処しきれなくなっていました。

レーダー探知機が200m手前でキャッチ

こうして、レーザー対応のレーダー探知機「LS300」が登場したというわけです。LS300は本体背面にレーザー光を受信する2つのセンサーを搭載。新型オービスのレーザーを約200m手前でキャッチします。

近年全国で導入が進むレーザー式の可搬式の新型オービスLSM-300は、設置位置から25~30mの間で速度判定するので、十分に減速できる計算です。

ただし、直進性のあるレーザーは遮蔽物の影響を受けやすく、上り坂やコーナー、大型車の後方といった環境下では、探知距離が短くなる場合があります。実際に走行してみると、LSM-300の直線上でレーザーを受信しても、前方に先行車が入ると、電波が途切れることがありました。

なお、LS300は大阪の御堂筋線などに設置されたレーザー式の固定オービス(Lp型、Ls型)にはGPSデータで対応しています。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事