ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ミラー型レーダー探知機にもレーザー対応モデル

レーザー式の移動式オービスによるスピード取り締まりが、全国に着々と広がっています。レーザー式の移動式オービスを回避する救世主となるのがレーザー対応のレーダー探知機。そんなレーザー対応の最新レーダー探知機に、ミラー型モデルが登場しました。省スペースでスマートにレーザー式の移動式オービスを察知してくれます。


ミラー型レーダー探知機にもレーザー対応モデル

レーザー受光部と探知機はセパレート

「ASSURA(アシュラ)」は、セルスター工業のレーダー探知機のシリーズ名。中でも「AR-5」は、レーザー受光部がセパレートタイプのミラー型レーダー探知機です。各種操作はリモコンで行います。

セパレートタイプのレーザー受光部は38W×20H×10Dmmとコンパクトなので、ダッシュボード上で自由な位置に設置が可能。受光部はレーザー発射位置に対して、できる限り角度が少ない位置に取り付けることが推奨されています。受信しやすい場所を選んで取り付けられて、見た目もスッキリです。

そのレーザー受光部には、オービスから離れた場所でも広角で受信できる光学フィルターを搭載しています。前方から照射される移動式オービスのレーザーをいち早くキャッチできる設計です。

従来のレーダー探知機としての機能

ミラー型のレーダー探知機の最大の特徴は、ディスプレイがミラーと一体となっているため、省スペースを実現できること。GPSデータとレーダーおよびレーザー受信によるダブル警告によって、確実にオービスをキャッチします。

さらに、オービスの誤警報を抑制する独自アルゴリズムも採用。誤警報の原因となる赤外線やレーザー光を使用した機器などを高い確率で識別可能です。従来のレーダー探知機としての機能も充実しており、カーロケ無線や取り締まりエリアといった各種警告も搭載しています。

ミラー型レーダー探知機の受信方式はダブルスーパーヘテロダイン方式(レーダー部)、34chパラレル受信(GPS部)です。対応衛星はGPS、ガリレオ、グロナス、みちびき、無線受信は18バンド。サイズ/重さは272W×80H×19.6Dmm/311g(レーザー受光部除く)となっています。実勢価格は40,010円です。

■「レーダー探知機」おすすめ記事
新型オービス対応のレーダー探知機は何が違う?
オービスはGPSレーダー探知機じゃないと無理
Nシステムは通行車両のナンバープレートを撮影
LHシステムは全国的に配備が進むオービスの主流
オービスの種類と特徴はしっかり頭に入れておく

■「速度違反」おすすめ記事
スピード違反のネズミ捕りを察知する5つの方法
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
移動式オービスにも対応する検知アプリの選び方

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事