ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スピード違反は制限速度10キロオーバーで捕まる?

スピード違反の取り締まりにはお国柄があって、4~5km/hオーバーでも取り締まる国がある一方で、スピード違反の取り締まり自体をほぼ行わない国もあります。日本にもスピード違反の取り締まり傾向ははっきりあり、警察が毎年発表する交通事故や違反取り締まりに関する統計を見ることで、その傾向をつかむことができるのです。


スピード違反は制限速度10キロオーバーで捕まる?

スピード違反は細かく区分して発表

警察庁では、毎年2~3月に「交通死亡事故の発生状況及び道路交通法違反取締り状況等について」という統計を発表します。この統計は、その名の通り死亡事故と交通違反の取り締まりについてまとめたもので、現在の最新版は2020年分です。

交通違反の取り締まりに関しては、この統計では違反の種類をジャンル別に区別してまとめられています。例えば、走行車線に関する違反には追い越し禁止や通行帯区分違反などさまざまな種類がありますが、統計では「追越し・通行区分」としてひとまとめにされているのです。

そうしたなか、スピード違反と飲酒関連の違反、過積載については統計が独立しているだけでなく、その程度についても細かく区分して掲載されています。例えばスピード違反であれば、70km/hオーバーと20km/hオーバーでは違反の悪質度が大きく違うため、細かい区分を採用しているのでしょう。

制限速度の超過速度別の取締り件数

スピード違反については、2020年の取り締まり件数は116万2420件で、交通違反全体のなかでは「一時不停止」に次ぐ2位となっています。さらに、制限速度の超過速度別の件数については50km/h以上が1万1313件、30~49kmオーバーが14万7554件で、これら赤キップにあたる違反はスピード違反のなかで約13.7%に留まっています。

青キップにあたる30km/h未満のスピード違反については、25~29km/hオーバーが23万9883件、20~24km/hオーバーが40万6262件、15~19km/hオーバーが35万7209件と続きます。ところが、14km/hオーバー以下になると取り締まり件数はぐっと減り、わずか199件になってしまうのです。

年間100万件以上あるスピード違反のなかで、14km/hオーバー以下が占める割合は0.1%以下。事実上、取り締まりが行われていないといえるでしょう。とはいえ、道路交通法では1km/hでも制限速度を上回れば交通違反になることは確か。制限速度を守った安全運転を心がけたいところです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事