ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

新東名のオービスは門型支柱上に設置されている

新東名高速では2013年の下りに続き2014年、上りと下りに新たにLHシステムのオービスが設置されました。2013と2014年に設置されたオービスは両方とも「Lx型」という最新のオービスⅢです。旧式である「Lk型」よりもストロボ面積が少し広くなったようです。



スポンサーリンク
新東名のオービスは門型支柱上に設置されている

新東名の上り線では初のオービス

2013年に設置されたLHシステムのオービスは、大型の電光表示板の裏側に吊るされたラックにカメラとストロボ、制御ユニット一式を設置。制御ユニット上の赤色灯が電光表示板に隠れていることもあって、NシステムやTシステムにも誤認しやすい外観です。

新東名の上り線では初となる、森掛川IC付近のLHシステムのオービスは「森掛川 袋井500m」の標識が見えたら要注意です。

新しいLHシステムは、電光表示板の門型支柱の上にシステム一式を設置。表示板の右側に2車線分のカメラとストロボ、左端に制御ユニットを配置しています。制御ユニット上の赤色灯が目立つスタイルです。

新東名のオービスは表示板と同居

新東名のオービス本体の設置場所がアーチの真ん中だったり、隅にあったりしていますが、これは道路が直線だったりカーブだったりする状況で、写真を正面から撮るアングルのための工夫です。

また、長いアーチを掛けて多車線を狙うのはアーチ代が高額になります。そこで、新東名のオービスは交通表示板などと同居させ、経費削減を行っていると考えられます。

色も支柱に合わせてあり目立ちにくいので、知識がなければまんまと餌食になってしまうでしょう。この情報は『ラジオライフ』2015年6月号に掲載されていました。

■「新東名オービス」おすすめ記事
新東名のオービスの遭遇ポイントをチェック!
新東名のオービスが設置されるポイントとは?
新東名の取り締まりは3つある分駐所付近に注意

■「オービス」おすすめ記事
オービスはGPSレーダー探知機じゃないと無理
首都高オービス!品川線の遭遇ポイントはココ!!
オービスは4種類!自動取り締まり機の基礎知識
速度違反を無人で取り締まるオービス徹底解説
ループコイル式オービスを目視確認するのは困難
Hシステム見極めポイント「はんぺんアンテナ」
LHシステムは全国的に配備が進むオービスの主流

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事