ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマホのメモリは放置するとデータ消失の危険性

スマホやデジカメは、撮影した映像や動画をメモリカードに保存します。この撮影に使ったメモリカードを、容量が一杯になったからと外してケースに戻し、長期の保存用として放置している人も多いでしょう。しかし、この保存方法は大変危険。デジカメのメモリカードに保存された映像や動画には、実は寿命があるのです。


スマホのメモリは放置するとデータ消失の危険性

スマホのメモリは約5年でデータ消失

メモリカードにもさまざまなタイプがありますが、最近販売されたものを構造から見ると、デジカメなどから外した状態で放置すると、約5年でデータが消失する危険が高くなります。これは、SDカードがデータを記録するのにフラッシュメモリを使っているためです。

フラッシュメモリは、映像や画像のデータをわずかな電気を溜めることで保存する仕組み。スマホなどにセットして使っている分には、この電気は定期的に補充されます。また、1年程度であれば外しても放電量は少なく問題ありません。

ところが、数年単位になるとフラッシュメモリからの放電が無視できなくなります。一般的なメモリカードが使うフラッシュメモリはNAND型と呼ばれるもので、約5年を過ぎたぐらいからデータの記録が保証できない、とされているのです。

メモリを定期的にスマホに差して補充

これは、SDカード同様にNAND型フラッシュメモリを使うUSBメモリについても同様。とはいえ、USBメモリは書類などのデータをパソコン同士で移動するときに使われることがほとんどで、データ保管用に使う人は少ないでしょう。

それでは、メモリカードの中身が消えないようにするにはどうすればいいでしょうか。手間を考えなければ、定期的にスマホやデジカメに差して電源を入れるという方法があります。しかし、何十枚とメモリカードが溜まると、作業自体が大変です。

そこで、パソコンを使いメモリカードからハードディスクへ移す方法もあります。確かにハードディスクは5年程度でデータが消える危険性はありません。ハードディスクには数百枚分のSDカードの中身が入り、バックアップ作業も一発です。

ただし一方で、ディスク自体が回らない故障リスクがだいたい5年前後から高くなります。現時点では、SDカードに保存した映像や画像は一旦ハードディスクに移し、5年ごとに新しいものを買って入れ替えるという方法が一番よい対策といえそうです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事