ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

microSDカードの正規品と偽物とバルク品を比較

microSDカードは種類も増えて価格もこなれてきましたが、まだまだ大容量のものは高価。256GBは大手家電量販店で3万円ほどします。しかし、ネットオークションでは同じものが3千円ほどで取り引きされていたり…。16GBの偽サンディスクmicroSDと32GBの怪しいバルクを入手したので中身を検証してみました。


スポンサーリンク
microSDカードの正規品と偽物とバルク品を比較

安いmicorSDカードは容量がおかしい

あまりに安いmicorSDカードは大抵の場合、巧妙に偽装されているものの、異常に速度が遅かったり容量がおかしかったりします。今回はmicroSDカードの16GBのサンディスク正規品(実勢価格900円)と、16GBのサンディスク偽物(実勢価格500円)、32GBのバルク品(実勢価格400円)の読み書き速度を測定してみました。

まずはサンディスク正規品のmicroSDカードの読み書き速度の測定からです。さすがに正規品だけあって文句のない性能。読み込み速度71.7MB/sと書き込み34.9MB/sなら、スマホで連写しても問題ないでしょう。

一方のサンディスク偽物microSDカードは、見た目は正規品ソックリ。しかし、読み込み速度は正規品の1/2以下で、書き込み速度は1/4ほどでした。

16GBの偽物は4GBしか選択できない

バルク品のmicroSDカードについては、他の2つに比べて容量が倍ながら、価格が1番安いのが気になるところ。しかし、表記通り32GBの容量はしっかり保持していました。なお、読み込み速度はまずまずですが、書き込みは論外な遅さです。

ちなみに、サンディスク偽物と正規品を見比べてみると、パッケージがかなり適当なのが偽物。ただし、偽物の方が製品のプリントはきれいな印象です。

そして、驚くべきはmicroSDカードの容量。プロパティを開くと、一見16GBの容量があるように見えますが、実はフォーマットしようとすると容量が4GBしか選択できません。実際にフォーマットする段階にならないと分からないので、なかなか厄介です。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事