ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

古いスマホを動体検知付き監視カメラとして活用

カメラとマイクといった機能を備えたスマホは、そのまま監視カメラとしても活用することが可能。新機種に買い替えて引き出しに眠っている古いスマホでも、カメラ性能は市販の監視カメラに見劣りしないもの。そこで、古いスマホを監視カメラとして活用して、その映像を手持ちのスマホで確認できるアプリを紹介しましょう。


古いスマホを動体検知付き監視カメラとして活用

古いスマホを監視カメラに活用できる

「Alfred Camera」は、古いスマホを監視カメラとして活用できるアプリ。別のスマホ端末からネットワーク経由でどこでも映像を確認できるので、常時監視が可能です。また、動きがある場合のみ自動録画する動体検知機能も備えています。

古いスマホを監視カメラとして活用する方法は、Alfred Cameraを導入後、ターゲットが映るように古いスマホを設置します。使用中のスマホにもAlfred Cameraを導入し、セットした古いスマホを選択することでセッティングは完了です。

すると、古いスマホから監視カメラ映像が送られてきます。暗い場合は低光量フィルタを有効にすることで、映像を鮮明化することも可能です。画面下部にある録画ボタンをタップすると映像の記録がスタート。保存したファイルはアプリ上で確認できます。

古いスマホを活用して動体検知で録画

古いスマホを監視カメラに活用できたとしても、四六時中スマホで映像をチェックしているわけにはいきません。そんな時は、動くモノを検知して映像を自動で録画する「動体検知」を活用します。

Alfred Cameraで「動体検知」を有効にしておくと、監視カメラに動くモノが映った時に自動で記録されるようになるのです。Alfred Cameraは有料アプリで価格は610円。入手先はAppStore、Google Playとなっています。

この監視カメラアプリで特筆すべきは、iOSとAndroidの両OSに対応していること。OSの異なる端末同士でも利用できます。iPhoneからAndroidへの乗り換えでもその逆でも、余った古いスマホを監視カメラに再活用できるのです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事