ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

「Google Pay」でSuicaを利用するときの注意点

Android搭載のスマホユーザーであれば「Google Pay」アプリをダウンロードすることでさまざまな電子マネーを取り込むことができます。なかでも、鉄道・バスで使えるSuicaを登録すればGoogleアカウントと連動するため便利。しかし、単にGoogle PayへSuicaを登録するだけではダメなのです。


「Google Pay」でSuicaを利用するときの注意点

Google Payは1円単位でチャージ可能

「Google Pay」は、GoogleがAndroid搭載のスマホなどに提供している決済アプリ。Google Payにはおサイフケータイ(NFC)との連動機能があり、Suicaをはじめさまざまな電子マネーを登録することで、スマホから利用できるようになります。

Google Payアプリは、Playストアからダウンロードしてインストールする仕組みで、料金は無料。インストール後にGoogle Payアプリを起動すると、利用する電子マネーの選択画面が現れるので、「Suica」を選択して必要事項を入力するとモバイルSuicaが追加されます。

追加したモバイルSuicaは、JR東日本提供の「モバイルSuicaアプリ」で作成したものとほぼ同様に使うことが可能。また、すでに利用中のモバイルSuicaをGoogle Payに登録することもできます。

モバイルSuicaアプリではなくGoogle Payを利用するメリットは、チャージ方法が選べる点にあります。モバイルSuicアプリの場合、登録可能なクレジットカードは1枚のみです。一方、Google Payでは複数のカードを登録して使うことが可能。また、チャージは1円単位からできるため便利です。

Google PayとモバイルSuicaの両方

ただし、Google Payのみインストールした状態でモバイルSuicaを利用する場合、いくつかの機能は利用できないため注意が必要になります。ひとつは、モバイルSuicaグリーン券に対応していないこと。そしてもうひとつが、貯まったJRE POINTをモバイルSuicaへチャージできない点です。

JRE POINTは、モバイルSuicaを登録すれば、Google Payのみインストールした状態でもJR東日本路線やキオスクなどの利用で貯まっていきます。しかし、貯まったJRE POINTでSuicaチャージをするためにはモバイルSuicaアプリが必要になるのです。

さらに、機種変更したときにモバイルSuicaを引き継く、ビューカードのオートチャージ機能設定、定期券の購入、といった作業にもモバイルSuicaアプリが必要。Google PayでモバイルSuicaを新規作成した場合、モバイルSuicaアプリも同時にインストールした方が確実に便利でしょう。

■「Google」おすすめ記事
Googleの裏技を使って個人情報は引き出される
Googleの隠し機能でブラウジングが快適になる

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事