ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LINE通話録音はiPhoneの標準機能でこっそり実行

友だちとの連絡手段の定番となった「LINE」には、メッセージのやり取りができるトークのほかに、音声通話を楽しむ機能が搭載されています。そんなLINEの通話を録音したいと思った時、iPhoneに標準搭載されている「画面収録」を使うと簡単です。ただし、LINEの通話録音をiPhoneの画面収録で行うには事前の設定が必要になります。


LINE通話録音はiPhoneの標準機能でこっそり録る

LINE通話録音にiPhone画面収録を使う

LINE通話には録音機能が用意されていませんが、iPhoneユーザーなら標準の「画面収録」機能を使うことで音声を保存できます。これなら録音していることが相手にバレることはないので、手軽に証拠を残しておけるわけです。

ちなみに、Android11以降には「スクリーンレコード」という画面収録機能がありますが、スピーカーで通話しないと録音できない仕様になっています。

明瞭な音で記録したいならPC版のLINEと「XboxGame Bar」を使うなど代替の方法を選択しましょう。PC版のLINEでは、Windows標準のキャプチャ機能「Xbox Game Bar」を使うことで、通話の録音が可能になります。

LINE通話録音をiPhoneで実行する手順

LINE通話録音にiPhoneの画面収録でこっそり実行する手順を見ていきましょう。まずはLINEの設定画面で「通話」を開き、「iPhoneの基本通話と統合」を有効にしておきます。

コントロールセンターに「画面収録」ボタンを追加しておき、これをロングタップ。マイク設定が表示されるので、「オン」にして「ブロードキャストを開始」をタップするのです。

画面収録を始めた状態でLINE通話をスタート。これでLINEの通話が録音されます。「音声抽出」などのアプリを使えば、MP3形式で音声データ化することも可能です。(文/中谷仁)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事