ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhoneはロック中でも勝手に操作される危険性

iPhoneは指紋認証やパスコード、はたまた顔認証が設定できるので、ロックしてあれば誰も操作ができないと思いがち。しかし、iPhoneにはロック中でも勝手に操作される危険性があるのです。なんとロック中でも音声認識の「Siri」は起動。通話履歴を見たり、ショートメッセージを送ることもできるのです。


スポンサーリンク
iPhoneはロック中でも勝手に操作される危険性

iPhoneのロック画面でSiri起動

iPhoneのロック画面を解除するには、顔認証や指紋認証、パスコード入力などが必要。勝手に他人のiPhoneを操作できないようになっています。しかし、ロックを解除しなくてもiPhoneを操作する方法があるのです。

それが音声認識でiPhoneを操作するアプリ「Siri」を使う方法になります。具体的には、iPhoneのロック画面でホームボタンを長押しして「Siri」を起動。ここで、例えば「通話履歴」と話します。すると、最新の通話履歴が表示されるのです。

iPhone Xではホームボタンが非搭載になっていますが、その代わりサイドボタンを長押しすることで「Siri」は起動します。このため、iPhoneはロックしてあるからと安心するのは危険。他人に勝手に操作される可能性があるのです。

iPhoneロック中でもメッセージ

iPhoneのロック中に「Siri」を起動すれば、当人を装ってショートメッセージを送ることも可能。送信先を通話履歴から選ぶこともできます。送信先の名前が事前に分かっていれば、通話履歴を確認する必要はありません。

送信先の名前が分かったら「Siri」に「ショートメッセージ」と話します。「どなたにメッセージを送信しますか?」と聞かれるので、あとは質問に答えていくだけ。送りたいメッセージを話して最後に「送信」をタップします。

このようにiPhoneはロック中でも勝手に操作される危険性があるのです。iPhoneのSiriの設定で「ロック中にアクセス」をオフにしたり、ロック中のアクセス許可で「ホームコントロール」をオフにするなど、対策しておいたほうがよいでしょう。

■「iPhone」おすすめ記事
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhoneアナライザー2でLINEのトーク履歴を解析
iPhoneの指紋認証をロック解除する最新手口
iPhoneを自動録音アプリで盗聴器にする方法
クローンiPhoneの作り方を実際に検証した結果
無音カメラでiPhoneカメラ機能をパワーアップ
iPhoneのウラ技でアンテナ表示を数字に切り替え
iPhone無音カメラはマイクロソフト製が高機能

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事