ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhoneがロック中に操作される危険性とその対策

iPhoneには顔認証や指紋認証が搭載されていて、ロック中であれば他人に操作されることはないと思っている人が多いはず。しかし、iPhoneにはロック中でも勝手に操作されてしまう危険性があるのです。iPhoneはロック中でも勝手に電話をかけることも可能。勝手に操作されないための対策を見ていきましょう。


スポンサーリンク
iPhoneがロック中に操作される危険性とその対策

iPhoneをロック解除せずに操作する

iPhoneはロック画面になると、顔認証や指紋認証、パスコード入力などによって解除しないと操作することができません。このため、iPhoneはロック中なら勝手に他人が操作できないと思い込んでいる人が多いでしょう。

しかし、iPhoneはロックを解除しなくても操作する方法があります。音声認識でiPhoneを操作するアプリ「Siri」を使う方法です。SiriはiPhoneがロック中でも起動させられることにポイントがあります。

実際、iPhoneのロック画面でホームボタンを長押しすれば「Siri」は起動することが可能。iPhone Xではホームボタンが非搭載ですが、その代わりサイドボタンを長押しすることでSiriは起動する仕様です。

iPhoneロック中に操作されない対策

ここで「通話履歴」と話すと、最新の通話履歴が表示されてしまいます。このように、iPhoneはロック中だからと他人に安易に渡したりするのは要注意。勝手に操作される危険性があるのです。

iPhoneのロック中にSiriが起動されてしまうと、最新の通話履歴の相手に電話をかけることも可能。他人には知られたくない通話相手だとしたら、さまざまな問題に発展しかねません。

このようにiPhoneはロック中でも勝手に操作される危険性があります。その対策としては、iPhoneのSiriの設定で「ホームボタンを押してSiriを使用」「サイドボタンを押してSiriを使用」をオフにしてSiriを使えなくしたり、「ロック中にSiriを許可」をオフにしたりすること。設定を一度、確認してみましょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事