ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

iPhoneロック解除の盲点「Siri」の危険性とは?

iPhoneは顔認証や指紋認証などでロックしてあれば、誰にも操作されないと思い込みがち。しかし、iPhoneにはロック中でも勝手に操作される危険性があるのです。iPhoneはロック中でも音声認識の「Siri」が起動。勝手にメールやショートメッセージを送ることもできるのです。


iPhoneロック解除の盲点「Siri」の危険性とは?

iPhoneはロック解除なしでSiriが起動

iPhoneはスリープになると、顔認証や指紋認証、パスコード入力などでロック画面を解除しなければ操作することができません。このため、ロック中のiPhoneは、他人が勝手に操作できないと思っている人が多いでしょう。

しかし、iPhoneにはロックを解除しなくても操作する方法が存在します。それが音声認識でiPhoneを操作するアプリ「Siri」を使う方法です。iPhoneはロック中でもSiriを起動可能。ロック中のiPhoneはSiriを利用して、さまざまな操作を行うことができるのでした。

具体的には、iPhoneのロック画面でホームボタンを長押しして「Siri」を起動。iPhone Xではホームボタンが非搭載になっていますが、その代わりサイドボタンを長押しすることでSiriは起動する仕様です。

iPhoneはロック解除なしに電話できる

Siriが起動したら、例えば「ショートメッセージ」と話します。すると「どなたに送信しますか?」と聞かれるので、「奥さん」や適当な友人の名前を答えれば、ショートメッセージを送信できるのです。

このように、iPhoneはロックしてあるからと安心して他人に渡すのは危険。勝手に操作される可能性があるのです。Siriに「電話」と話せば「どなたにかけますか?」と聞かれるので、あとは答えていくだけです。

このようにiPhoneはロック中でも他人に操作される危険があります。iPhone「設定」の「Siriと検索」で「ホームボタンを押してSiriを使用」「サイドボタンを押してSiriを使用」をオフにしてSiriを使えなくしたり、「ロック中にSiriを許可」をオフにしたりするなど、対策しておかないと危険です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事