ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LINEアカウント乗っ取りや盗み見を防止する設定

LINEのセキュリティ設定といえば、まずメッセージの盗み読み対策。さらに友だち以外との連絡をブロックし、友だちの自動登録も拒否すればメンドウな相手との想定外の接触が避けられます。また、スマホのみでLINEを使用しているなら、PCやiPadアプリからのログインを無効にしておけば、アカウント乗っ取りのリスクも下がります。


LINEアカウント乗っ取りや盗み見を防止する設定

LINEのメッセージを暗号化して保護

LINEのセキュリティアップの基本は、通知にメッセージ内容を表示させない設定です。設定の「通知」を開き、「メッセージ通知の内容表示」のチェックを外します。これで、通知に相手の名前や具体的なメッセージ内容が表示されなくなるのです。

LINEをセキュリティアップするなら、パスコードでLINEを保護するのも忘れてはいけません。設定の「プライバシー管理」を開き、「パスコードロック」をチェック。LINEアプリの起動時にパスコードが必要になるので、盗み読みを防げます。

LINEのメッセージを暗号化して保護する設定もしておきましょう。LINE独自の暗号化システムが「Letter Sealing」です。

トークルーム内のユーザー全員がLetter Sealingを有効にしていれば、トーク内容や位置情報が暗号化されます。設定方法は、「プライバシー管理」を開き、「Letter Sealing」にチェックを入れればOKです。

LINEアカウント乗っ取りを防ぐ設定

スパムアカウントからメッセージがよく届く人は、知らない人物からの連絡を拒否するセキュリティ設定をしておきましょう。。「プライバシー管理」を開き、「メッセージ受信拒否」にチェックを入れます。これで、友だち以外のユーザーからのメッセージが届かなくなるのです。

自動で友だち登録されないようにする設定も、LINEをセキュリティアップします。設定の「友だち」を開き、「友だち自動追加」「友だちへの追加を許可」のチェックを外しておくのです。「プライバシー管理」→「IDによる~」のチェックも外しておきましょう。

LINEで身に覚えがないのにログイン失敗の通知が来たことがあるはず。これはアカウント乗っ取りが試されたということです。LINEアカウントの乗っ取りを防ぐ設定をしておきましょう。

PCやiPad版のLINEを使わないなら「アカウント」→「ログイン許可」をオフにして、他のデバイスからの乗っ取りを防ぎます。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事