ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LINEは個別に通知オフしてメッセージ盗み見防止

LINEの通知には、メッセージ内容が表示されます。通知上でメッセージを確認する分には既読マークが付かないため、LINEの通知を有効利用している人も多いでしょう。とはいえ、LINEの通知はちょっと目を離したスキに恋人や友人に盗み見される危険と裏腹です。LINEでメッセージが盗み見されるのを防ぐ方法を見ていきましょう。


LINEは個別に通知オフしてメッセージ盗み見防止

LINEで個別に通知をオフに設定する

LINEは初期設定のまま使っていると、届いたメッセージの内容がロック状態でも少し見えてしまいます。会議室や喫茶店で何気なく置いたスマホから、LINEのメッセージを盗み見されてしまう危険があるということです。

LINEでメッセージが盗み見されるのを防ぐには、2つの方法があります。1つは通知にメッセージ内容を表示しないようにする方法。もう1つは、特定の友だちからのメッセージは個別に通知をオフに設定する方法です。

LINEの全トークのメッセージを表示しない設定は、LINEの設定画面で「通知」を開き、「メッセージ通知の内容表示」をオフにします。これでメッセージが届いても、通知に内容が表示されません。盗み見されるリスクがなくなります。

LINEは個別に通知オフにするのが賢い

LINEで指定したトークルームの通知だけ表示しない設定は、まず通知を表示させたくない友だちのトークルームを開きます。ここでメニューの「通知オフ」を選択するのです。今後、この友だちからのメッセージは通知されなくなります。

これまでLINEの通知機能は、既読を付けずにメッセージの内容を確認するのに重宝されてきました。しかし、自分が不在時のロック画面にも表示されてしまう諸刃の剣でもあります。

これからのLINEの通知は、全メッセージの内容表示をオフするのではなく、もし盗み見されても問題がないかを考慮して、個別に通知オフの設定をするのが、賢い通知の活用法といえるでしょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事