ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LINEは「通知オフ」を活用することで快適になる

日本最大のユーザー数を誇るメッセージアプリ「LINE」は、画面ロックの状態でもメッセージが届いたことが分かる通知機能にも対応しています。短いメッセージであれば、通知だけで内容も確認でき便利ですが、頻繁に通知が届いて面倒臭いときもあるでしょう。そうした場合は、通知表示を制限することで快適にLINEが利用できるのです。


LINEは「通知オフ」を活用することで快適になる

LINE公式アカウントを通知オフにする

自分のLINEアカウントにトークが送られると、スマホにはそのことを示す通知が届き、画面ロック中でも通知を確認することができます。しかし、頻繁にトークが届く公式アカウントなどの場合、何かと通知が届くのは面倒です。

そこで、LINEには特定の相手からのトークだけ通知をオフにする機能を搭載。トークルームで右上のメニューを押して「通知オフ」をタップすると、通知がストップします。通知を復活するには、逆に「通知オン」をタップすればOKです。

また、仕事が忙しい時間帯などは、すべてのLINE通知を一時的にオフにすることも可能。LINEのホーム画面の左上の「設定」から「通知」→「一時停止」と選択するとメニューが現れ、「1時間停止」「午前8時まで停止」の2種類から一時停止の時間を選びます。また、一時停止時間帯でも手動で停止解除を行えます。

LINE通知のメッセージ内容表示をオフ

LINEからの通知は、初期設定ではロック画面にもメッセージ送信者とメッセージ冒頭部分が表示されます。ロック画面で通知を確認しただけでは、メッセージは「既読」にならないため、既読を付けずにメッセージ内容の概要を知るという裏ワザとして使われています。

しかし、ロック画面を表示すればメッセージを確認できるということは、他人が勝手に見ることも可能ということ。オフィスで離席中に勝手にLINEの通知を見られる…といったことも考えられるため、仕事中はLINEの通知は非表示にしておいた方が無難です。

LINEの通知にメッセージ内容を表示しないようにするには、LINEの設定画面で「通知」→「メッセージ通知の内容表示」ボタンをオフにすることで非表示になります。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事