ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LINEのカメラアプリ3種はすべて無音撮影が可能

2022年現在、LINEのカメラアプリは3種類。いずれも独立したアプリとして提供されており、AppStoreかGoogle Playからインストールして使用することになります。被写体に大きな効果を加えて、標準カメラとは一味違うユニークな写真を手間なく撮れるのが特徴です。また、どれも無音撮影に対応しているのも、見逃せない点でしょう。


LINEのカメラアプリ3種はすべて無音撮影が可能

LINEのカメラアプリは無音撮影に対応

LINEのカメラアプリは特徴の異なる3種類を提供中。いずれも、シャッター音が気になるシチュエーションでも安心して使える無音撮影に対応しています。LINEカメラアプリを詳しく見ていきましょう。

「LINE Camera」は、サングラスやヒゲなどでデコったり、顔をマンガ風にしたり、フィルターで色味を変えるなど、さまざまな効果を追加して撮影できるLINEカメラアプリ。撮影後の写真の編集も可能です。

例えば、ウサ耳を選択すると、ハートマークとピンクのチークも一緒に追加されるという具合。効果を選択するだけで簡単に適度に顔を隠せます。iOS版は、マナーモードにするとシャッター音が消えます。Android版ではON/OFFを選択可能です。

LINEの「B612」は、メイクや美肌修正を施して撮影できる、人物用ビューティーカメラアプリ。SNSにアップする自撮りにこれを使えば、撮影後の修正はほとんど不要でしょう。

LINEのカメラアプリで標準で無音撮影

メイクや補正の種類を選ぶだけで、顔の印象がガラッと変わります。ブラウンやグレーなどカラコンの色も選択可能です。こちらは無音撮影に標準で対応。シャッター音の設定を変える必要はありません。

LINEのカメラアプリ「Foodie」は、色やコントラストを細かく調整して、さまざまな被写体をより美しく撮影できます。人物にも対応しますが、アプリ名の通り、料理の加工が得意。色味を細かく調整できます。

フード用のフィルターは、スウィート・ジューシー・フレッシュなどを用意。食材にマッチするフィルターを試してみましょう。設定にシャッター音の項目はありませんが、無音撮影に標準対応。飲食店の店内でも使いやすいLINEカメラアプリです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事