ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗聴

盗聴器を仕掛けるのは犯罪?

盗聴器の被害は後を絶ちませんが、従来から使われてきたアナログ盗聴器にはできることと、できないことがハッキリしています。そこで、盗聴器に関するお悩み解決Q&Aを紹介しましょう。たとえば、[…続きを読む]

盗聴器に音声を拾われないようにする方法とは?

何かと話題の盗聴ですが、音声を拾う盗聴を妨害するのは意外に難しいことではありません。原理としては、盗聴器がマイクで拾う音声を聞きにくくすればいいわけです。なかには、人間の音声の周波数に合った妨[…続きを読む]

4千円台で盗聴電波も聞ける受信機が手に入る

BAOFENGの「UV-5R」は4千円台で購入できる中華ハンディ機。基本的には海外仕様の無線機のため、そのまま日本で使用することはできません。しかし、この中華ハンディを受信機として使う方法があ[…続きを読む]

盗聴音声の発信源特定は必ずイヤホンを装着する

発信源に接近してクリアな盗聴の音声が受信可能になると「なぜここに盗聴器が仕掛けられたのか」という疑問が浮かびます。そして、それと同時に、沸き起こるのがどの建物から出ているのかを特定したいという[…続きを読む]

盗聴電波を調査するならUHF帯の3波だけでOK

盗聴電波は思っている以上に街中を飛び交っています。そんな盗聴電波を調査するならハンディ受信機で盗聴電波を探すのが基本テクニック。とはいえ闇雲に周波数をスキャンしても、盗聴電波の調査ですぐに発見[…続きを読む]

盗聴音声を離れた場所で聞く電波式の種類と特徴

「密かに音声を集音して、遠く離れた場所で聞く」。これぞ、盗聴器。密かに盗聴する音声を集音するのはコンデンサマイクで、遠く離れた場所で聞かせるために、集めた音声を電波で飛ばしています。盗聴音声を[…続きを読む]



スマホが盗聴できるデジタル盗聴器は存在しない

最近、スマホが盗聴されているのではないか、内部の情報が盗まれているのではないか…と、気になっている人が増えているようです。そこで“デジタル盗聴器”なるものが存在するのかどうかを明確にしておきま[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した“デジタル盗聴”が[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEのトーク内容は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEのトーク内容を探偵が入手する手口を見ていくとともに[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した“デジタル盗聴”が[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボールのエンゼルを見分ける方法を紹介しましょう。1番[…続きを読む]

iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違う

iPhoneには伝統的に受け継がれている裏ワザがあります。もちろん最新のiPhone6でも健在なその裏ワザとは、隠しコマンドで起動するフィールドテストモードです。そして、この裏ワザでわかる使用[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、既読がつかないのです。ただし、解[…続きを読む]