ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

レトロゲームをもしもに備えてバックアップする

昔遊んだゲームソフトが押入れに眠っているという人は多いはず。昔のゲームは耐久性が高いとはいえ、もしもに備えてバックアップしておきたいところです。レトロゲームの最も簡単でスマートなバックアップ方法は「レトロフリーク」を使った方法でしょう。このほか吸出し基板を使う方法もあります。


レトロゲームをもしもに備えてバックアップする

ゲームをバックアップできる互換機

レトロフリークはファミコンをはじめとした、11種類のレトロゲームに対応した互換機ですが、最大の特徴は市販のカートリッジからゲームのROMを吸い出して遊べるところでしょう。

1度ゲームのROMを吸い出してしまえば、あとはカートリッジの抜き挿し不要でプレイできるという利点があります。吸い出したROMは本体と紐づけられるため、抜き出した本体でしか遊べません。

とはいえ、押し入れの奥底にしまわれたゲームソフトをバックアップして活用できる最適な手段といえるでしょう。レトロフリークの実勢価格は25,300円となっています。

ゲーム吸い出し基板でバックアップ

レトロフリークは便利ではあるものの、吸い出したROMはその本体でしか遊べないという制限付きです。どんな形でも遊べる生データをバックアップしておきたいという場合には、専用の吸い出しツールを使うという手もあります。

「FCダンパー」(実勢価格6,980円)は、PCとUSB接続できるファミコン専用の吸い出し基板。専用のPCソフトを使って、手持ちのソフトを「.nes」形式のファイルとしてバックアップできます。

これなら各種ファミコンエミュレータに読み込ませて、ゲームのプレイが可能。また、microSDカードに入れてレトロフリークで遊ぶこともできます。

■「ゲーム」おすすめ記事
景品タイプで違っているクレーンゲームの攻略法
ゲーム実況者なら収入1億円超えも夢じゃない
スマホゲームをPC大画面でプレイする方法とは
VRゴーグルがなくても楽しめるVRゲームアプリ
ぷよぷよが無料で遊べるゲームセンターって?

■「改造」おすすめ記事
赤外線ライトを100均の懐中電灯を改造して作る
バイク盗難防止グッズを車内設置用にプチ改造
赤外線カメラに改造されたLUMIXを使ってみた
iPhoneにSuicaを内蔵する改造サービスがある
Wi-Fiアンテナを100均のボウルでパワーアップ

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事