ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

キャバクラで意思疎通に使われるハンドサイン集

英語のキャバレーとクラブを合わせた和製英語が「キャバクラ」。大人の娯楽の1つ「キャバクラ」には、騒がしい店内でスタッフと意思疎通を図るためのハンドサインが存在します。知っていれば女の子との会話が盛り上がること間違いなしのハンドサインを元キャバ嬢にレクチャーしてもらいました。


キャバクラで意思疎通に使われるハンドサイン集

冷たいおしぼりをもらうハンドサイン

キャバクラにはキャバ嬢とスタッフが騒がしい店内でも意思疎通が図れるように「ハンドサイン」が存在しています。両手で絞る動きは「おしぼり」のサイン。おしぼりは入店時に出されますが、追加で必要になった場合に使うハンドサインです。

両手の爪をこするようにするサインは「つめしぼ」で、冷たいおしぼりのこと。客が酔っている時や暑がっている時などに温かいおしぼりと使い分けるためのハンドサインです。「つめしぼ」自体もキャバクラ用語といえるでしょう。

両手の人差し指と親指で輪っかを作るのは「灰皿」のサインです。キャバクラでは灰皿に吸い殻が1~2本溜まったら新しい灰皿と交換。卓の上の予備が足りなくなった時に出すサインです。

人差し指と親指でL(エル)を作るのは「ゲストグラス」。客が酒の飲み方や種類を変えたい時など、グラスが追加で必要になったことを知らせるサインです。ゲストグラスは「ゲスタン」と呼ばれることもあります。

「場内指名」を伝えるハンドサイン

人差し指と親指で「少し」のサインをするのは「レディグラス」のこと。キャバ嬢が使う小さいグラスが欲しい時に使います。ハウスボトルや客のキープボトルの酒を飲むために使用するグラスです。

人差し指で「ここ」を指すのは「場内指名」の意味。フリー(指名なし)で入った客についたキャバ嬢が気に入られ、その卓に居続けることを伝えるサインです。

下向きにこぶしを握って親指と小指を伸ばしたアイスペールを持つような仕草は「アイス」のハンドサイン。酒を作る際にグラスに入れる氷のことです。本来はなくなる前にボーイが交換にきますが、気づかない時にハンドサインを送ります。

手首を付けて両手を広げるのは「メニュー」のサイン。ハウスボトルとは別に、ボトルや抜きものを卸す客がいる場合に使います。両手の人差し指を離すようにするのは「延長」のハンドサイン。客が所定の時間を過ぎてもキャバクラに居続けることを伝えます。もちろん延長料金が発生することを忘れてはいけません。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事