ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

あおり運転対策に電光式サインでメッセージ表示

最近は「あおり運転」という言葉に象徴されるように、ドライバー間の意思疎通の齟齬が原因となって、事故や事件に発展することも少なくありません。そんな問題を解決するヒントになるアイテムが住宅環境設備の「3Qsign(サンキューサイン)」です。さっそく車に取り付けて使用してみました。


あおり運転対策に電光式サインでメッセージ表示

電光式サインに5種類のメッセージ

3Qsignは、特許を取得しているという透明なフレキシブル基板に高輝度LEDを配置。ワイヤレスリモコンのボタンを押すと「ありがとう!」「お先にどうぞ」といったメッセージが表示されます。

設置はリヤウインドウに磁石で貼り付けるだけととてもシンプルです。後方から見ると、交通取り締まり用パトカーの電光式サインを彷彿とさせる佇まい。それだけに後続車から見るとかなりインパクトがあります。

3Qsignに用意されているメッセージは全部で5種類。すべてのメッセージとリモコンボタンの位置を覚えられるように、あえて5種類に絞られています。実勢価格は200,000円です。

電光式サインは文字をはっきり表示

今回は3Qsignをワゴン車のリアウインドウに装着。ガラスには濃いスモークがかかっていたものの、メッセージの見え方には全く影響しません。また、どんな光線下でも文字をはっきり表示させることができました。

走行中にサインを表示させた時の後続車のドライバーの様子を観察してみましたが、意外とその反応はこちら側からは分からないもの。メッセージの内容が、何かの対応を求めるものではないからでしょう。

ただ、「バックします」「お先にどうぞ」といったメッセージは、それに対して後続車も対応を考えることができて有効かもしれません。今後はスマホアプリと連動させて、音声認識でドライバーの言葉をそのまま表示できるといった進化に期待したいところです。

■「カーライフ」おすすめ記事
高速道路の無料区間を有効活用しない手はない
交通機動隊と高速隊の取り締まり任務の違いとは
ETCの履歴を盗み見る方法とその防衛策とは?
ETCポイントを車載器なしでゲットする方法
ハイエース盗難に使われる手口とその対策とは?
自動車の盗難被害1位プリウスの手口と対策は?
Nシステムは通行車両のナンバープレートを撮影
イモビカッターで狙われるプリウス盗難の手口
イモビライザーの専用キーは簡単に複製できる!?
クルマ盗難手口「リレーアタック」仕組みと対策

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事