ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ライブのワイヤレス機器がデジタル化しない理由

無線機器であるワイヤレスマイクは出力は弱いながらも、使用している建物に近づくと漏れて来る電波を受信可能。この電波を受信すると、アイドルやアーティストの歌声をライブ会場に入ることなく聞くことができます。そんなライブのワイヤレス機器が、あえてデジタル化しない理由を見ていきましょう。


ライブのワイヤレス機器がデジタル化しない理由

ワイヤレス機器デジタル化デメリット

ワイヤレスマイクも、他の無線システムと同様に一部でデジタル化が始まっています。しかし、ライブのワイヤレス機器の世界はちょっと事情が違っていて、デジタル化はあまり進んでいないのが現状です。

というのも、ライブで使われるワイヤレス機器は、アーティストにとっては通信機器というよりも楽器に近い存在。しかも、音声以外にデータを乗せる必要もないため、デジタル化のメリットがあまりありません。

逆に、ワイヤレス機器をデジタル化することによって生じるデメリットがあります。ごくわずかですが音声の出力が遅延してしまう上に、音質も変化。繊細な感覚を持つアーティストには、これらの点でデジタル化が敬遠されるのです。

ライブのワイヤレスはまだアナログ

チャンネルリストに縛られたくないテレビのロケ取材といった場面では、ワイヤレス機器にデジタル波の1.2GHz帯が多用されています。また、大企業の会議など秘匿性が必要とされる現場のワイヤレスマイクではデジタル方式が主流となりつつあります。

しかし、ライブのワイヤレス機器はまだまだアナログ方式がメイン。「今までアナログ方式で問題が無かったのだから、無理にデジタル方式を選択する必要はない」という判断になるわけです。

また「イヤモニ」とも呼ばれるイヤーモニターは、アナログ方式の製品がほとんど。ボーカルのワイヤレスマイクがデジタル方式でも、イヤーモニターはアナログ方式となります。制度的にもアナログ方式は存在し続けるため、完全なデジタル化とはならないわけです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事