ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

パソコンいらずでビデオテープをデジタル化する

かつて、テレビのお供といえばVHSという時代がありました。今ではビデオデッキの生産は中止となり、ビデオテープもどんどん劣化していくばかり。早く何とかしないと、せっかくのコレクションが台無しです。ということで、ビデオテープのデジタル化を手軽に進められるアイテムを紹介しましょう。


パソコンいらずでビデオテープをデジタル化する

ビデオテープのデジタル化でタイマー

サンワサプライの「ビデオキャプチャーボックス(400-MEDI029)」は、ビデオデッキをコンポジットなどでつなげて再生するだけで、ディスプレイに映像を表示。あとは任意の箇所で録画ボタンを押せば、SDカードやUSBメモリにMP4形式で映像を保存できるアイテムです。

録画停止タイマー機能を搭載しているので、ビデオテープのデジタル化は放っておいて、別の作業をしても大丈夫。パソコンやテレビも不要なので、メンドウなデジタル化作業のハードルが下がります。年末の大掃除の前に、ぜひ取り組みたいところでしょう。

実際のビデオテープのデジタル化は、ビデオキャプチャーボックスがディスプレイを搭載しているため、最低限の機材のみで作業可能。用意するのはビデオデッキとコンポジットケーブルだけなので、手間がかかりません。

録画タイマーは60分・90分・120分・150分のいずれかを設定可能で、テープ1本丸々をダビングする際に重宝します。また、スピーカーを内蔵しており、デジタル化したファイルをそのまま確認できるのもポイントです。

ビデオテープのデジタル化を大画面で

HDMIケーブルを使ってビデオキャプチャーボックスとテレビをつなげば、大画面で保存済みのMP4ファイルを視聴することも可能。ちなみに、一連の録画作業は、テレビ画面に表示しても行えます。大きな画面で確認しながらビデオテープのデジタル化作業も可能です。

記録メディアは、SDカード・USBメモリ・外付けHDDなどさまざまに対応。メディア内に「photo」「video」フォルダが自動作成され、静止画と動画ファイルを自動で振り分けてくれます。ファイル名は日付です。

ビデオキャプチャーボックスのディスプレイサイズは3.5インチ、入力解像度は720×480ドット、出力解像度は1280×720ドットとなっています。電源はDC5V/1Aで、スピーカー出力は1Wです。サイズ/重さは160W×25H×73.5Dmm/160g。実勢価格は14,800円です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事