ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

液晶付きのVHSデジタル化専用レコーダーとは?

VHSテープのデジタル化作業は意外とメンドウなもの。そこで活用したいのが、TECの「簡単ビデオダビング」です。その名の通り、必要な機能だけを備えたシンプルなVHSデジタル化装置なのですが、プレビュー用の液晶モニターを搭載しているのがウリ。液晶付きのVHSデジタル化専用レコーダーの使い方を見ていきましょう。


液晶付きのVHSデジタル化専用レコーダーとは?

PCやテレビなしでVHSをデジタル化

TECの「簡単ビデオダビング」は、ビデオデッキとAVケーブルなどで接続して再生すると、液晶モニターに映像が表示されます。あとは、本体のRec/Stopボタンを押せばOK。MP4形式でSDカードかUSBメモリに保存できます。

ポイントは、PCやテレビにつながずVHSをデジタル化できること。ダビングした動画ファイルは、HDMI接続したテレビでそのまま見たり、メディアをPCで読み込めばコピー可能です。

VHSをデジタル化するには、まず本体に記録メディアをセットし、ビデオデッキとケーブルでつなぎます。入力端子はアナログのみ。コンポジットでビデオデッキとつないだ場合は、設定画面で「AV」を選択します。

操作メニューは日本語に対応。VHSを再生して、本体のRec/Stopボタンを押して録画/停止。Modeボタン何度か押すと、録画リストが表示されるのでそのまま映像を確認できます。

VHSをデジタル化して映像を持ち歩く

SDカードをPCで読み込んでみると、videoフォルダにMP4ファイルで保存されていることが確認可能。MP4ファイルをiPadにコピーして、VLC media playerで再生できるようにすれば、VHSをデジタル化して映像をいつでも持ち歩けるというわけです。

なお、本機に赤白黄のAVケーブルが付属していますが、画質にこだわるならSビデオケーブルを用意したいところ。輝度(Y)信号と色(C)信号を分けて伝送できるため(Y/C分離)、コンポジットよりも映像の劣化が起こりにくくなります。とくにダビング時にはその影響が出やすいのです。

TECではHDMIダビングできる上位機種「TMREC-FHD」(21,384円)もあります。ビデオデッキが故障したり、VHSテープが経年劣化してしまったりする前に、サクッとデジタル化してしまいましょう。

録画解像度は720×480ドットで、保存形式はMP4(H.264)です。映像入力はSビデオ、コンポジット、映像出力はHDMI。記録メディアはSDカードやUSBメモリなどです。サイズ/重さは約158W×73H×20Dmm/約150gで、実勢価格は14,800円です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事