ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

空港ラウンジが使える格安プラチナカード3選

国際線の飛行機に乗るとき、待ち時間を有効活用できるラウンジが使えるかどうかで、快適さが大きく変わります。世界中の空港ラウンジが利用可能なサービスがありますが、普通に契約すると約5万円と高額。しかし、クレジットカードの選び方次第で、よりおトクにこのサービスを使えるのです。


空港ラウンジが使える格安プラチナカード3選

Priority Passを無料発行するクレカ

「Priority Pass」は、世界各地の空港にある1300か所以上のラウンジが利用できるサービスとして人気を集めています。このサービスにはいくつかの会員ステージがありますが、無制限にラウンジ利用可能な「プレステージ」の場合、年会費が429ドル(約4万7000円)です。

通常、空港ラウンジは航空会社(スターアライアンスなどの国際グループを含む)のファーストクラス・ビジネスクラスに乗るか、上級会員になりその航空会社便を利用しないと使えません。一方、Priority Pass会員であれば、LCC利用でも指定の空港ラウンジが利用可能です。

このPriority Passは年会費を払って会員になるより、もっとおトクな利用方法が存在します。それは、Priority Passを無料発行するクレジットカードの会員になる、というものです。

年会費約1万円でラウンジ使い放題

Priority Passは、多くのカード会社と提携しており、カード会社側はプラチナ・ブラックといった上級カード向けに無料発行サービスを実施しています。とはいえ、プラチナカードと聞くと「年会費が高い」というイメージする人も多いでしょう。

実際、プラチナカードの代表的存在ともいえる「アメリカン・エキスプレス・プラチナカード」の年会費は14万3000円。さまざまな優待特典があった上での年会費ですが、Priority Pass目当てで会員になるには不向きです。

一方、わずか1万1000円でPriority Passの特典が付いてくるクレジットカードも存在します。それが楽天カードの「楽天プレミアムカード」。国際カードブランドとの提携もあり、VISA・Master・JCB・AMEXの4種類から選択可能です。

楽天プレミアム以外で、年会費が安くPriority Passが無料発行となっているカードには「MUFC・プラチナ・アメリカンエクスプレスカード」「セゾン・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカード」があり、それぞれ年会費は2万2000円です。

■「プラチナカード」おすすめ記事
年会費の元が取れるプラチナカードの特典とは?

■「クレジットカード」おすすめ記事
東日本以外でもビックカメラSuicaカード最強説
Suica付きビューカードで一番お得なのはどれ?
クレカ審査がない「ETCパーソナルカード」とは
ドコモユーザーなら活用したい「ETCカード」とは
ドコモのゴールド「dカードGOLD」が超お得な件
ホテル好きなら1枚は持っているクレジットカード
ダークウェブで売買されるクレジットカードとは
ダミーのクレジットカード番号が入手できる!

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事