ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

一般家庭で「NHK受信料」合法的に安くする方法

NHKへ受信料を支払わない方法としては、そもそも「受信契約を結ばない」「受信料の請求が来ても支払いを拒否をする」といった方法が考えられます。しかし、場合によっては裁判になることも…。そうしたリスクを冒さなくても、合法的な手段でNHK受信料を安くする方法があるのでした。


一般家庭で「NHK受信料」合法的に安くする方法

NHK受信料には免除制度が存在する

一般家庭がNHKの受信料を安くする方法には、おもに2つの手段があります。1つは、NHKが定めている受信料免除を申請するというもの。これは、生活保護を受けているなど生計が厳しいと思われる家庭について、受信料を全額、または半額免除する制度です。

NHK受信料が全額免除になるのは、生活保護などの「公的扶助受給者」「市町村民税非課税の障害者」「社会福祉施設入居者」「奨学金対象等の別住居の学生」「災害被災者」です。半額免除になるのは「視覚・聴覚障害者」「重度の障害者」「重度の戦傷病者」となっています。

放送法では、テレビを受信できる家庭はNHKと受信契約を結ばなくてはいけないと定めているため、NHK受信料が免除になる場合でもNHKとの受信契約は必要。そのうえで必要書類を提出し、NHK受信料の免除を審査してもらう仕組みです。

NHK受信料をCATV契約で安くする方法

とはいえ、NHK受信料免除の条件はハードルが高く、条件を満たす人はそれほど多くないでしょう。そうした家庭でも、じつはNHKの受信料を安くするテクニックが存在します。それは、NHK受信料を「団体一括支払」へ変更するというものです。

NHK受信料の団体一括支払は、CATV加入者やマンション管理組合などに認められている制度で、15家庭以上のNHK受信料をまとめて支払うことで割引になるというもの。衛星契約の場合、通常2万4770円のところが2万2900円と1850円割安となります(いずれも12ヶ月払いで口座振替・クレジット決済の場合)。

J-COMなどのCATV会社の場合、視聴契約とNHKの団体一括支払がセットになっていることがほとんどです。有料チャンネル分の視聴料金がかかるため合計コストは上がりますが、NHK受信料を割安にする点ではCATVの契約は有効。WOWOWなどの月額料金にも割引があるので、活用するのも手でしょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事