ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

デジカメのSDカード「放置」中身が消える危険

スマホやデジカメは、撮影した映像や動画をSDカードに保存します。この撮影に使ったSDカードを、容量が一杯になったからと本体から外し、ケースに戻して長期間保存しているという人は多いはず。しかし、このSDカードの保存方法では、写真などのデータが消えてしまう危険があるのでした。


デジカメのSDカードは放置すると中身が消える

SDカードのフラッシュメモリから放電

SDカードにはさまざまなタイプがありますが、最近販売された製品でもデジカメやスマホから外した状態では約5年ぐらいからデータが消える危険が高くなります。これは、SDカードがデータを記録するのにフラッシュメモリを使っているためです。

フラッシュメモリは、映像や画像のデータをわずかな電気を溜めることで保存する仕組み。デジカメやスマホの中に入れて使っている分には、この電気は定期的に補充されます。また、本体から外しても放電量は少ないため1年程度であれば問題ありません。

ただし、これが数年単位になるとフラッシュメモリからの放電が無視できなくなってきます。一般的なSDカードが使うフラッシュメモリはNAND型と呼ばれるもので、約5年を過ぎたぐらいからデータの記録が保証できないとされているのです。

SDカードの中身が消えないようにする

それでは、SDカードの中身が消えないようにする方法はあるのでしょうか。真っ先に思いつくのは、定期的にスマホやデジカメに差して電源を入れるという方法。実際この方法は有効で、しっかりメンテナンスを続けられるならベストです。しかし、何十枚とSDカードが溜まると、作業に手間がかかります。

SDカードからデータをハードディスクへ移すという手もあります。確かにハードディスクは5年程度でデータが消える危険性はありません。ところが、ディスク自体が回らない故障リスクがあり、これが大体5年前後から高くなります。

とはいえ、ハードディスクには数百枚分のSDカードの中身が入ります。SDカードに保存した映像や画像は一旦ハードディスクに移し、5年ごとに新しいものを買って入れ替える…これが現時点で一番よい対策といえるでしょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事