ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

dカードGOLDの年会費1万1000円の元を取る方法

NTTドコモ利用分が10%ポイント還元される「dカードGOLD」は、ドコモユーザーなら一度は作りたくなるクレジットカード。ところが、思ったほどポイントが貯まらないという声も…。実は、dカードGOLDの10%還元は条件が厳しく、年会費の元を取るにはスマホ以外でもドコモ漬けになる必要があるのでした。


dカードGOLDの年会費1万1000円の元を取る方法

dカードGOLDの10%還元対象は1回線

NTTドコモが発行するクレジットカード「dカードGOLD」は、NTTドコモ利用代金について10%という高い還元率となっているのが特徴です。dカードGOLDの年会費は1万1000円と高いものの、10%還元であれば利用金額が年12万円を超えれば元が取れそうにも見えます。

しかし、実はNTTドコモの利用料金が年12万円程度の場合、dカードGOLD年会費分のポイント還元を受けることは難しいのです。というのも、10%還元の対象となる範囲が狭く設定されているためです。まず、10%還元対象となるのは消費税を除いた部分のため、税込年12万円では1万1000円のポイント還元に達しません。

さらに、10%還元対象となるスマホはdカードGOLDと紐付けされた1回線のみ。そして、基本使用料とパケット定額料金、留守番電話などの付加サービスと「DAZN for docomo」など一部のドコモ提供コンテンツに限られ、多くのドコモ払いサービスやd払い利用分については10%還元の対象外です。

dカードGOLDの年会費の元を取る方法

このため、dカードGOLDの10%ポイント還元だけで年会費1万1000円の元を取ろうとするのであれば、スマホだけの利用では厳しく、光回線サービスの「ドコモ光」や、それにあわせたインターネットテレビ配信サービス「ドコモ光テレビオプション」などと組み合わせる必要があります。

例えば、4Gのドコモスマホでパケット定額サービスに「ギガホ」を選択。電話のかけ放題オプションとドコモ光のタイプA契約に光電話・光テレビオプションを選択すると、月の支払金額は税抜き1万4130円。ポイント還元は100円以下の端数は切り捨てのため、dカードGOLDでは毎月1400ポイントが還元されます。

また、テレビ放送については、CS放送やそのオンデマンドチャンネルをドコモ光経由で視聴する「ひかりTV for docomo」もdカードGOLDの10%還元対象です。こちらのサービスは、税抜月額3500円で、dカードGOLD会員へは毎月350ポイントが還元されることになります。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事