ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

二世帯住宅やシェアハウスの「NHK受信契約」は?

ひとつ屋根の下に家族が集まりテレビを一緒に見るのが、かつての戸建て住宅の常識でした。しかし、最近は1階と2階を完全に分けて親子別々に住む「二世帯住宅」、あるいは家族とは無関係にさまざまな人が一軒に住む「シェアハウス」も増えています。この時、NHKの受信契約はどうなるのでしょう。


二世帯住宅やシェアハウスの「NHK受信契約」は?

同一生計ならNHK受信契約はひとつ

最近増えているのが、同じ戸建て住宅の1階と2階を分かれた構造で建築し、1階には親夫婦、2階に息子・娘夫婦が住むといった「二世帯住宅」です。二世帯住宅が増えている理由は税金面の優遇にあり、建築時に支払う不動産取得税や、毎年住宅にかかる固定資産税がそれぞれ軽減されます。

このような二世帯住宅の場合、1階と2階でNHKの受信料は別々に払う必要があるのでしょうか。NHKの説明によれば、受信契約は住所が同じで生活費などを共有している「同一生計」であれば、複数のテレビがあってもNHK受信契約はひとつで済みます。

例えば、生活費は親夫婦も含め全部息子が負担するといったケースであれば、構造的に分かれていてもNHKの受信契約はひとつになります。庭の離れに祖父母の隠居部屋を作り、食事は一緒にとるいったケースも同様です。逆に、二世帯住宅で生活費が完全に別であれば、それぞれNHK受信契約が必要となります。

シェアハウスは誰がNHKと受信契約?

それでは最近、若い人の間で人気を集めている家族ではない人と同じ戸建て住宅に住む「シェアハウス」の場合はどうなるでしょう。この場合、応募形態やテレビの設置場所により、誰がNHK受信料を払うかが変わってきます。

例えば、大家が入居者を募集するシェアハウスでリビングに1台テレビが設置されている場合は、NHKの受信契約は大家が結び、入居者にNHK受信契約は必要ありません。一方、テレビを入居者が個別に購入して視聴する場合は、テレビを設置した入居者が個別にNHK受信契約を結ぶことになります。

また、入居者が共同で一戸建てを借り上げ、家賃や食費・光熱費を共同管理にしているといったシェアハウスもあります。このケースでは、家族関係と無関係に「同一生計」とみなされ、NHKの受信契約はひとつだけで済むことになります。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事