ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

一番お得な「Suica付きビューカード」はどれ?

「Suica付きビューカード」は、キップや定期券としても使えて便利なクレジットカード。JR東日本系列店の利用でポイントが貯まる「JREカード」も登場。このほか、ビックカメラやJALなどと提携したものもあり、それぞれサービスが異なります。Suica付きビューカードは、どれが一番お得なのでしょうか。


一番お得な「Suica付きビューカード」はどれ?

JR東日本のSuica付きビューカード

鉄道会社系列で発行してるクレジットカードで利用者が一番多いのが、JR東日本が発行している「ビューカード」です。ビューカードはほとんどがSuica内蔵なので、鉄道・バスの利用やお買い物にも活用している人も多いでしょう。

これまでSuica付きビューカードは、ビューカードが単独で発行するものとビックカメラやJALなどと提携したカードがあって、基本的には提携カードを選ぶのがお得というのが常識でした。それは、提携先のポイントサービスや割引サービスを受けられるためです。

そんな中、登場したのが「JR東日本が提携先」というSuica付きビューカード「JREカード」です。

JREカードは、アトレやエスパル、ペリエといったJR東日本系の駅ビルでクレジットカードとして使うと3.5%分のJREポイントが貯まることが最大のメリットになります。なお、Suicaにチャージした場合に1000円につきJREポイントが15ポイント貯まる点は、ほかの提携カードと変わりません。

Suica付きビューカードのポイント

ただし、JR東日本系列ながら関東地区の大型店「ルミネ」は加盟店でないため、クレジット利用でJREポイントが0.5%分付くのみなので要注意。キオスクを始めとする「駅ナカ」店舗はSuica利用でJREポイント自体は付くものの、200円につき1ポイントです。

ここで、Suica付きビューカードは「JREカード」と「提携カード」でどちらを選ぶのが正解なのでしょう。答えは、利用頻度が高い提携店のSuica付きビューカードをすべて持っておくのが一番賢い利用方法です。

例えば、ビックポイントSuicaカードの場合、ビックカメラの支払いをSuicaで行うことでビックポイントが10%付与されます。また、SuicaチャージはJREポイントが1.5%分プラス。クレジットカードとして使わず、いったんSuicaにチャージして支払うと11.5%相当のポイントがもらえるのです。

複数のSuica付きビューカードを持っていると心配になるのがポイント管理でしょう。しかし、JREポイントは複数のビューカードを一括管理できる仕組み。1枚でもビューカードを登録すれば、後から発行したビューカードも自動登録されます。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事