ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

年会費3千円「プラチナカード」の特典内容は?

「プラチナカード」といえばラグジュアリーな付帯サービスが充実する一方で、年会費が数万円からと十数万円と高めになっているのが一般的です。ところが、年会費たったの3千円でプラチナカードが手に入るクレジットカードが存在します。年会費3千円のプラチナカードにはどんな特典が付帯するのでしょう。


年会費3千円「プラチナカード」の特典内容は?

プラチナカードは年会費が2万円以上

三井トラストクラブが発行する「TRUST CLUBプラチナマスターカード」は、年会費が3千円のプラチナカードです。日本国内には、マスターカードのプラチナカードを発行する会社は全部で5社ありますが、三井トラストクラブ以外はいずれも年会費が2万円以上します。

年会費が安いながらも、マスターカードが用意するプラチナカード向けサービスはすべて利用可能。国内31空港のラウンジ利用、提携の高級レストランが2人以上の利用で1人分無料など、多くのプラチナカードが行っている定番サービスが含まれています。

また、配偶者・両親・18歳以上の子ども向けに人数分の家族カードが発行できるほか、ETCカードも最大5枚まで無料で発行可能。家族で自家用車を複数台持っている人にはありがたい特典です。

年会費3千円プラチナカードの特典

ただし、他のプラチナカードと比較すると、独自サービスの特典に差があります。例えば、海外旅行傷害保険で見ると、年会費5万5000円の「三井住友マスタープラチナカード」はカード利用に関係なく自動付帯で、傷害死亡保障が1億円、疾病治療保障が500万円と手厚くなっています。

一方、TRUST CLUBプラチナカードは海外旅行傷害保険はカードで支払った場合のみが対象。保障範囲も傷害死亡3000万円、疾病治療保障が150万円など、一般カード並みです。また、多くのプラチナカードが会員向けに用意している専用コンシェルジュサービスもありません。

とはいえ、年会費3千円でマスターカードのプラチナカード向けサービスが利用できるだけでも、十分に魅力的。自分のライフスタイルに必要かどうか、まずはお試しでプラチナカードで使ってみるにはピッタリのカードでしょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事