ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

楽天カードのゴールドとプレミアムどちらが得?

「楽天カード」は、ゴールドカードなどの上級カードが比較的安い年会費で手に入ることが特徴です。そして、楽天市場でのボーナスポイントなどがあるため、年会費の元が取りやすいカードでもあります。そして、楽天カードでゴールドとその上のプレミアムでどちらがお得かといえば、ショッピングの豪快さで変わる仕組みなのです。


楽天カードのゴールドとプレミアムどちらが得?

楽天カードの上級カードは3種類ある

「楽天カード」は、上級カードとして「ゴールド」「プレミアム」「ブラック」の3種類を発行しています。このうち、ブラックについては招待制のため、申し込み可能なクレジットカードとしてはゴールドカード・プレミアカードの2種類。それぞれの年会費はゴールドが2200円、プレミアムが1万1000円です。

「楽天ゴールドカード」は、ゴールドカードとしては年会費が安いうえに、系列のオンラインモール「楽天市場」でショッピングをした際に、「楽天ポイント」が通常カードより100円につき2ポイント多いボーナスポイント特典があります。通常カードでは100円につき3ポイントのため、ゴールドカードでは100円につき5ポイントです。

また、通常カードの場合、ETCカードに年会費が500円かかるのに対し(プラチナランク以上は無料)、ゴールドカードは無料発行可能。そこで、実質年会費が1700円高いと計算すると、ゴールドカードでも楽天市場で年間8万5000円以上ショッピングを行うだけで年会費分の元が取れる計算になります。

楽天プレミアムカードに旅行系の特典

一方、ゴールドカードより8800円年会費が高いプレミアムカードに関しては、一番のメリットとしてあげられるのが海外1300以上の空港ラウンジが利用できる「プライオリティ・パス」の会員サービスが付属している点です。しかし、世界的に海外渡航の制限が厳しい現在、この特典を生かす機会は少ないでしょう。

また、楽天市場でのポイントアップについては、プレミアムもゴールドと同じ2%。その他、プレミアムカード特典としてはETCカードや家族カードが無料発行可能といったものがありますが、年会費プラス8800円分としては物足りません。

それではプレミアムカードを作るメリットがないかといえば、必ずしもそうではありません。というのも、楽天市場利用で貯まる楽天ポイントに関するボーナスポイントの制限が、ゴールドカードとプレミアムカードでは異なるためです。


楽天プレミアムカードは上限が異なる

楽天市場で楽天カードを利用する場合の楽天ポイントは、まず無制限に貯まる基本ポイントが100円につき1ポイント。毎月上限がある楽天カード利用によるボーナスポイントが100円につき2ポイント、さらに上限ありのゴールド・プレミアムカードのボーナスポイントが100円につき2ポイントという仕組みになっています。

そして、このボーナスポイントについての上限が、通常カードとゴールドカードは毎月5000ポイントのため、ゴールドカードであれば毎月12万5000円以上の利用については100円につき1ポイントになってしまいます。一方、プレミアムカードは毎月1万5000ポイントまでボーナスポイントが手に入るのです。

例えば、楽天市場で月30万円のショッピングを行った場合、ゴールドカードでは楽天ポイントが9750ポイントしか貯まらないのに対して、プレミアムカードでは1万5000ポイント貯まります。このため、高額商品を頻繁に楽天市場で購入する人であれば、プレミアムカードを発行した方が結果としてお得になるのです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事